@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

木うそ【きうそ】

事典 日本の地域ブランド・名産品

木うそ[祭礼・和楽器]
きうそ
九州・沖縄地方、福岡県の地域ブランド。
太宰府市で製作されている。▼鷽▲うそ▼は、スズメ目アトリ科の実在の菅原道真の使い鳥として親しまれている。その鷽が木にとまった姿を表現したものが、木うそ。正月七日夜には暗闇のなかで互いが手にした木うそを交換しながら幸運を呼ぶ金うそを求め合ううそ替え神事がおこなわれるが、これは江戸時代の1658(万治元)年にはすでにおこなわれていたとみられる。福岡県特産工芸品。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

木うそ
郷土玩具のひとつ。丸木を彫ってつくる鷽(うそ)ので、福岡県太宰府市太宰府天満宮をはじめとする全国の天満宮で「鷽替えの神事」などに用いられる縁起物

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木うそ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

木うその関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation