@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

木偶【もくぐう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

木偶
もくぐう
副葬用につくられた木製人形エジプトでは古くから盛んにつくられ,古代ギリシアでも初期には用いられた記録がある。中国では戦国時代の楚の国で用いられた例が多く,一般に彩色が施されている。湖南省長沙の戦国墓からは高さ 50~53cmの女侍俑,武士俑などが出土している。また,漢代のとしては,同じく長沙の馬王堆1号漢墓から出土した奏楽俑,侍俑など 162個体の木偶が注目される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

でく【木偶】
木彫りの人形。また、人形。
あやつり人形。
役に立たない人。また、そのような人をののしっていう語。でくのぼう。「この木偶め」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もく‐ぐう【木偶】
木で作った人形。でく。くぐつ。
古代中国の副葬品で、木製の人形。戦国時代から代に盛行代に至るまで作られた。木俑

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼく‐ぐう【木偶】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

でく【木偶】
木彫りの人形。また、人形。でこ。もくぐう。
操り人形。くぐつ。
役に立たない人。愚か者。でくのぼう。 金吾殿はづねえ-でなあ/滑稽本・旧観帖

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼくぐう【木偶】
もくぐう木偶

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もくぐう【木偶】
木でつくった人形。でく。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

木偶
もくぐう
木製の人形。木俑(もくよう)ともよばれ、明器(めいき)(副葬するためにつくられた器物)としてつくられたものである。中国では、戦国時代の楚墓(そぼ)出土の木偶がよく知られ、長沙(ちょうさ)左家公山1号墓、楊家湾(ようかわん)6号墓、仰天湖25号墓出土の木偶などがある。長沙馬王堆(まおうたい)1号漢墓からは、彩色を施した木俑、楽人木俑、着衣をつけた男女木俑などが発見され、これらは漢代木偶を代表する遺物である。木偶は戦国、漢代に盛行しているが、元、明(みん)に至るまで各種の木偶がつくられ、明代、朱檀墓(しゅたんぼ)出土の木彫儀仗(ぎじょう)俑群はその数も多く、木偶のまとまった資料として重要なものである。[飯島武次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐でこ【木偶】
〘名〙 大分県別府市や、鳥取市などで作られる木製の人形。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

でく【木偶】
〘名〙
① 木を彫って作った人形。もくぐう。また、広く人形。でこ。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)後「汝を屠(ほふる)こと、木偶(デク)を毀(くだく)より易し」
② あやつり人形。くぐつ。てくぐつ。
※俳諧・広原海(1703)三「とと様の木偶に継母の傀儡師」
※五重塔(1891‐92)〈幸田露伴〉一〇「糸で曳かるる木偶(デク)のやうに我を忘れて」
③ 役にたたない人。能力のない人。また、そのような人をののしっていう。でくのぼう。
※滑稽本・旧観帖(1805‐09)初「大勢と切合申たが、金吾どのはづねゑでくでナア。皆迯ていったアとおもはっしゃい」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

でこ【木偶】
〘名〙 =でく(木偶)
※男重宝記(元祿六年)(1693)五「傀儡子(でくるぼう)を、中国にてはでぎのばうといふ。あづまにてはでこといふ」
※随筆・常山紀談(1739)一六「常に人なき所に彼のでこを並べ、武者押(むしゃおし)、陣取をして戯れ悦びしとぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼく‐ぐう【木偶】
〘名〙 木ぼりの人形。木像。でく。もくぐう。〔広益熟字典(1874)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もく‐ぐう【木偶】
〘名〙 中国古代の副葬品の一つ。春秋末から戦国・漢・遼・宋代にわたる墳墓に多くみられ、死後の生活にそなえてつくられたものと考えられている。木製の俑(よう)(=人形)で、土製の土偶に対していう。転じて、木の人形一般のこと。でく。木偶人(もくぐうじん・もくぐうにん・ぼくぐうじん)。ぼくぐう。
※旱霖集(1422)悼大道和尚頌軸序「豈但如土梗木偶漠然無一レ悲喜」 〔潘岳‐弔孟嘗君文〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木偶」の用語解説はコトバンクが提供しています。

木偶の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation