@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

木原孝一【きはら こういち】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

木原孝一 きはら-こういち
1922-1979 昭和時代の詩人。
大正11年2月13日生まれ。詩誌「VOU(バウ)」をへて,戦後「荒地(あれち)」に参加。「詩学」の編集者として新人発掘につとめた。詩集に「星の肖像」「ある時ある場所」,音楽詩劇に「御者バエトーン」(昭和40年イタリア賞グランプリ)など。昭和54年9月7日死去。57歳。東京出身。東京府立実科工業卒。本名は太田忠

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

木原孝一
きはらこういち
(1922―1979)
詩人、放送劇作家。本名太田忠(ただし)。東京府立実科工業卒業。建築を学ぶ。若くして北園克衛(きたそのかつえ)の詩誌『VOU(バウ)』に参加。第二次世界大戦には中支派遣軍として出征。硫黄(いおう)島より病気で帰国。戦後、詩誌『荒地(あれち)』に参加。硬質の言語で、戦争と人間の不条理を描き出す。『木原孝一詩集』(1956)をはじめ多くの詩集があり、放送詩劇ではイタリア賞グランプリも受賞。一方、雑誌『詩学』の編集者としても大きな業績を残している。[原崎 孝]
『『木原孝一全詩集』(1982・永田書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木原孝一」の用語解説はコトバンクが提供しています。

木原孝一の関連情報

関連キーワード

島津保次郎近藤芳美荒川洋治五木寛之金壽根ミハルコフ・コンチャロフスキーアイルランド自由国帰山教正パステルナークブラジル文学

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation