@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

木寄法【きよせほう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

木寄法
きよせほう

寄木(よせぎ)法ともいう。一木造(いちぼくづくり)の仏像をつくるためには、その像より一回りも二回りも大きな材が必要である。またこうした大きな材を彫刻すること自体たいへんな重労働で、仏像の重量も大きくなるなど多くの困難な点があるので、日本でも11世紀ごろから寄木造の法が考案された。木寄法とは、この寄木造の像をつくる場合、どこに矧(は)ぎ目を入れ、どこを寄木するかといった方法であり、11世紀に活躍した名工定朝(じょうちょう)がその簡便で有効な法則を編み出したといわれる。それ以後も各種の法則が考案されたが、いずれもこの定朝式を基本としている。

[佐藤昭夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きよせ‐ほう ‥ハフ【木寄法】
〘名〙 木彫り技法の一つ。仏像などを彫刻する場合、部分的に寸法を定めた数多くの木材をつなぎ合わせて、一つの像を完成させるもの。寄木(よせぎ)法。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木寄法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

木寄法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation