@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

木屋平【こやだいら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

木屋平
こやだいら
徳島県中北部,美馬市南部の旧村域。剣山北東麓を占める。 1889年村制。 2005年穴吹町,美馬町,町と合体して美馬市となる。剣峡の峡谷 (結晶片岩) および剣山の登山口として,剣神社と本坊の竜光寺がある。南北朝の頃,三木氏,木屋平氏ら山岳武士の根拠地で,三木家住宅は国の重要文化財に指定。ヒエソバミツマタコウゾコンニャク,タバコなどを産する。南西部は剣山国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

木屋平
こやだいら

徳島県中央部、美馬郡(みまぐん)にあった旧村名(木屋平村(そん))。現在は美馬市の南部を占める地域。旧木屋平村は、2005年(平成17)脇(わき)、美馬、穴吹(あなぶき)の3町と合併して市制施行、美馬市となった。剣山(つるぎさん)山麓(さんろく)で穴吹川の上流を占める山村で、ウメ、ユズ、コンニャク、ソバや、山菜のウド、ゼンマイ、ワラビなどを特産する。国道438号、492号が通じる。南北朝時代、阿波(あわ)忌部(いんべ)氏の一族三木氏や平家の末裔木屋平氏は南朝方にくみし、阿波山岳武士としてこの地方を拠点としていた。剣山一帯は剣山国定公園の一部で、スギの美林のほか亜寒帯植物林が多い。また剣山登山口の一つにあたりJR徳島線穴吹駅から川上地区までバスの便がある。中尾山高原には、グラススキー場がある。江戸時代初期に建てられた民家の三木家住宅は国の重要文化財。

[高木秀樹]

『『木屋平村史』(1971・木屋平村)』『『改訂木屋平村史』(1996・木屋平村)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木屋平」の用語解説はコトバンクが提供しています。

木屋平の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation