@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

木履【きぐつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

木履
きぐつ
木沓とも書く。ヨーロッパではサボ sabot,クロッグなどと呼ばれる木製。前2世紀頃から用いられた雨天用の靴で,ヨーロッパ,インド,中国,朝鮮,日本 (平安時代以後) などで用いられた。ヤナギクルミブナなどの木材を乾燥させ,これをくりぬいてつくる。日本で正徳年間 (1711~15) 頃から子女の間にみられたぽっくりは,この木をはいたときの音ボクリから訛した名称である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぼく‐り【木履】
《「ぽくり」とも》
浅い木ぐつ。
足をのせる木の台に鼻緒をつけた履物。下駄・足駄の類。
ぽっくり(木履)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぽっく‐り【木履】
《「ぼくり」の音変化》女児用の駒下駄(こまげた)の一。厚い台のをくりぬき、後ろを丸く、前部を前のめりにし、を塗ったもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きぐつ【木履】
木沓とも書かれる。広義には木製のはきもの全般を指すが,狭義には桐材などをくり抜き,甲の部分をおおうように作った浅いこしらえのはきもの(浅沓)。木履はのちにはボクリと発音し下駄の類も指すようになった。平城京址からの一木作りですりへった歯のついた子ども用木ぐつが出土しており,朝鮮半島のナマクシン(木鞋)に似ているところから,大陸より伝わったものと思われる。奈良時代の《正倉院文書》によると,経を写す経師(きようじ)や文字の誤りを見る校生(こうしよう),書画表具にする装潢(そうこう)に支給されているので,冬の板の間土間での仕事に履いたものであろう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぼくり【木履】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぼくり【木履】
ぽくりとも
木製のはきもの。ぽっくりに同じ。
下駄。足駄。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぽっくり【木履】
ぼくりの転
駒下駄こまげたの一種。材の底をくりぬき、後ろ側を丸くし前部を前のめりにして漆で黒や赤に塗ったもの。主に少女が用いる。ぼっくり。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼく‐り【木履】
〘名〙 (「ぽくり」とも)
① 木製の履物。〔羅葡日辞書(1595)〕 〔貫休‐思匡山賈匡詩〕
② あしだ。高下駄。
※甲陽軍鑑(17C初)品四〇下「ぼくりはく人ぬぎたらば、あなたは草履をぬぎ」
※いさなとり(1891)〈幸田露伴〉一「天鵞絨の鼻緒ついたる木履(ボクリ)穿きつつ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼっく‐り【木履】
〘名〙 (「ぼくり」の変化した語。「ぽっくり」とも) 下駄の一つ。台の底をくり抜き、うしろを丸く、前部を前のめりにしたもの。ふつう、黒や朱の漆を塗る。多く少女が用いる。ぽっくりげた。
※二人女房(1891)〈尾崎紅葉〉中「木履(ポックリ)が何寸減ってゐるとか、精細に観察して」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木履」の用語解説はコトバンクが提供しています。

木履の関連情報

関連キーワード

重なり積分スザンヌ ファレルイオン交換平衡堀内元仙人掌ピルスナー・ウルケルミラー・ジェニューイン・ドラフトミラー・ハイライフミラー・ライト局部銀河群

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation