@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

木戸【きど】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

木戸
きど
もと城塞の出入口,のちに街路庭園,住居などの出入口で,屋根がなく,開き戸のある木のをいう。江戸時代には武家屋敷町屋敷にあって番所を併設した門や,芝居など興行場の出入口をも木戸といった。木戸の通過木戸銭をとり,これを木戸と称することもあって,これを免除されたものを木戸御免といった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

き‐ど【木戸/城戸】
(木戸)庭などの出入り口に設けた簡単な開き戸。「裏―」
(木戸)興行場などの客の出入り口。
木戸銭(せん)」の略。「―御免
城や柵(さく)などの門。
江戸時代、市中要所、町々の境界に設けられた警衛のための門。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きど【木戸】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きど【木戸】
現代では,戸外にある木製の簡単な構造の戸をさすが,古代中世には柵戸,ないし城戸と書かれ,城郭の出入口を意味した。ついで近世では,城下町郭内への出入口などの軍事的要素の強い門のこともいうが,主として江戸・大坂などの大都市の表通りの町境の要所に設けられた門のことを意味するようになる。この木戸は,大きな町では1町単位,中小の町では数町単位で設置され,江戸の場合,その形態は,2間ほどの間隔で建てた柱の間に,両開きの扉をつり,両脇には道路際までの柵,または板塀がとりつき,そばには木戸番番小屋があった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きど【木戸】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きど【木戸】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木戸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

木戸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation