@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

木曽川【きそがわ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

木曽川(川)
きそがわ
長野、岐阜、愛知、三重の4県を流れる川。一級河川。延長229キロメートル、流域面積5275平方キロメートル。源を長野県南西部にある標高2446メートルの鉢盛山(はちもりやま)に発して、木曽谷を南西方へ流れ下り、東濃地方では標高約500メートルの隆起準平原を侵食して、深さ約300メートルの峡谷をつくっている。ついで美濃加茂(みのかも)盆地に出て飛騨川(ひだがわ)(延長約137キロメートル)をあわせる。さらに木曽川は、尾張(おわり)丘陵を横断して日本ラインの景勝地をつくり、犬山(いぬやま)から下流の濃尾(のうび)平野では、広大な扇状地帯や自然堤防地帯および三角州地帯を形成しながら、長良川、揖斐(いび)川と並んで伊勢湾(いせわん)へ注いでいる。
 木曽川の上流山地は急峻(きゅうしゅん)で隆起量が大きく、風化しやすい花崗岩(かこうがん)地帯もあって、多量の土砂を生産して下流に供給し、広大な沖積平野を形成している。1954年(昭和29)に完成した丸山ダムも、建設当初の総貯水量の約40%がすでに埋積されたほどである。また、上流山地には木曽ヒノキなどの優れた森林資源が豊かで、伐(き)り出された木材は、かつては木曽川の本支流によって筏(いかだ)で流送されたが、鉄道、ダムなどの建設によって陸送されるようになった。一方、豊かな水資源は、電力資源として開発されているばかりでなく、農業用水、工業用水、生活用水などの多目的に利用されている。さらに各所に、飛騨木曽川国定公園をはじめ恵那峡(えなきょう)県立自然公園、千本松原県立自然公園など、優れた景観が展開している。なお、木曽川下流域は、かつて水害に悩まされた輪中(わじゅう)地域であり、江戸時代から干拓された最下流域はゼロメートル地帯で、地盤沈下の続いている問題地域も広い。[上島正徳]
『『木曽川水系農業水利誌』(1980・農業土木学会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木曽川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

木曽川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation