@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

木曽路【キソジ】

デジタル大辞泉

きそ‐じ〔‐ぢ〕【木曽路】
中山道(なかせんどう)の、鳥居峠付近から馬籠(まごめ)に至る間をいう。奈良時代初めに開かれ、江戸時代には贄川(にえかわ)宿から馬籠宿まで11宿が置かれた。木曽街道
中山道異称。木曽街道。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

きそじ【木曽路】
長野の日本酒。酒名は、木曽路を往く旅人たちに愛される酒となるようにとの願いを込めて命名。大吟醸酒、純米吟醸酒純米酒本醸造酒、普通酒がある。平成10年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は美山錦山田錦など。仕込み水は木曽川源流の伏流水蔵元の「湯川酒造店」は慶安3年(1650)創業。所在地は木曽郡木祖村大字薮原。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

木曽路
株式会社木曽路が展開する和食店のチェーン。主なメニューはしゃぶしゃぶ。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木曽路
長野県、株式会社湯川酒造店の製造する日本酒。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015

木曽路
正式社名「株式会社木曽路」。英文社名「KISOJI CO., LTD.」。小売業。昭和27年(1952)「株式会社まつば喫茶」設立。同49年(1974)現在の社名に変更。本社は名古屋市昭和区白金。飲食チェーン店。中部地盤に首都圏・関西圏に進出主力のしゃぶしゃぶ店「木曽路」は業界トップクラス。イタリア料理・居酒屋など業態多角化。東京証券取引所第1部・名古屋証券取引所第1部上場。証券コード8160。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

木曽路
きそじ

中山道(なかせんどう)のうち、信濃(しなの)馬籠(まごめ)より贄川(にえかわ)までの11か宿を結ぶ街道。江戸幕府の道中方の見解は前記のとおりであるが、正確には京よりみて美濃(みの)落合宿の1里先の美濃・信濃国境より信濃贄川宿の2里先の桜沢橋までの街道をさし、この間に木曽十一か宿があった。これは古代の東山道(とうさんどう)の一部として、702年(大宝2)美濃岐蘇(きそ)の山道が開かれ、11年後の713年(和銅6)美濃・信濃2国間の吉蘇(きそ)路(岐岨(きそ)路とも書く)が竣工(しゅんこう)したのを始源とするが、その道筋や駅は移動、再興を繰り返し、江戸時代の木曽十一か宿のコースとかならずしも一致してはいない。木曽路は山の中を走り、断崖(だんがい)絶壁を通るため人馬の往来も少なかったが、のちには東海道に次ぐ殷賑(いんしん)の街道となった。なお、木曽街道とは、中山道の別称でもある。現在でも史跡、名勝に富み、妻籠(つまご)宿(長野県南木曽(なぎそ)町)は重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。

[丸山雍成]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木曽路」の用語解説はコトバンクが提供しています。

木曽路の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation