@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

木曽馬【きそうま】

日本大百科全書(ニッポニカ)

木曽馬
きそうま

哺乳(ほにゅう)綱奇蹄(きてい)目ウマ科の動物。同科の1種ウマの1品種で、長野県の木曽谷周辺に6世紀ごろから生産された記録がある。体高1.3~1.4メートル、毛色は鹿毛(かげ)が多く、白徴(白斑(はくはん))のあるものはまれである。頭はやや大きく、あごが発達し、頸(くび)は太く短い。体の幅は豊かで背腰は強い。四肢はじょうぶで、前肢は外向、後肢はX状の姿勢が多く、ひづめも堅牢(けんろう)で、急坂の山道を歩くのに適する。1932年(昭和7)当時は5144頭が飼育され、毎年約1000頭生産された。用途は春の農耕と冬の厩肥(きゅうひ)生産にあった。1887年(明治20)以降、軍馬生産のため外国産種牡馬(しゅぼば)と交配され、純粋のものは減少した。1983年(昭和58)時点で約90頭が保護育成され、体形、性質など木曽馬の特質は失われていない。またその数も増加しつつある。同年、県の天然記念物に指定された。

[加納康彦]

『伊藤正起著『木曽馬とともに』(1996・開田村)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木曽馬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

木曽馬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation