@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

木曾山脈【きそさんみゃく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

木曾山脈
きそさんみゃく
中央アルプスとも呼ばれる。長野県南部,木曾谷伊那盆地にはさまれた山脈南北約 100km,東西約 20km。山体は花崗岩砂岩石灰岩などから成り,主峰駒ヶ岳をはじめ標高 2500m以上の高峰が 20以上ある。山脈は断続的な隆起で生じたもので,いくつかの階段断層があり,東西の谷から急斜面となってそそり立ち,登山路はけわしい。 2700m付近には氷食地形がある。山脈を横断する自動車道は南部の国道 256号線と北部権兵衛峠を越える国道 361号線のほか,中央自動車道が恵那山トンネル (下り 8489m,上り 8649m) で山脈を横切る。東側の伊那盆地山麓部には大小の複合扇状地が形成されている。一部は中央アルプス県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きそさんみゃく【木曾山脈】
飛驒山脈(北アルプス)と赤石山脈(南アルプス)の中間的位置にあることから,中央アルプスとも呼ばれる。西方木曾谷東方伊那谷(伊那盆地)にはさまれた地塁山脈(両側断層崖で限られた断層山脈)で,塩尻市付近から北北東南南西の方向に恵那山(2190m)付近まで約90kmにわたって連なっている。山頂面と木曾・伊那両谷の谷床面との比高は,最高2000m余に達しているが,山脈の幅は広いところでも20km以下である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

きそ‐さんみゃく【木曾山脈】
長野県南西部から岐阜、愛知の県境にかけて、木曾谷、伊那谷の間に連なる山脈。最高峰は駒ケ岳(二九五六メートル)。標高二五〇〇メートル以上の高山が連なる。中央アルプス。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木曾山脈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

木曾山脈の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation