@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

木曾山【きそやま】

世界大百科事典 第2版

きそやま【木曾山】
木曾川上流域森林地帯の古称。現在の長野県木曾郡(1968年西筑摩郡を改称)全域は,西の御嶽山(おんたけさん),東の木曾山脈に囲まれ,面積の約95%を山林が占め,〈木曾檜ひのき)〉は日本三大美林の一つとして知られる。 《続日本紀》大宝2年(702),和銅6年(713)条に美濃国司が〈吉蘇(きそ)〉路を切り開いた記事が見えるが,これによって木曾と畿内近国とが結ばれ,木曾山林の開発がにつくにつれて,美濃・信濃両国が争奪を繰り返すようになったため,879年(元慶3)美濃国恵那郡の所属とされた(《日本三代実録》)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

きそ‐やま【木曾山】
現在の長野県木曾郡一円に、裏木曾山(美濃国恵那郡北部、現在の川上村、加子母村、付知町一帯)を含めた地域の総称。単に木曾ともいう。江戸時代は尾張藩の所領であったが、全体の約九五パーセントが山林であるのと、その山林がヒノキの主産地であったところから生じた通称。
※夜明け前(1932‐35)〈島崎藤村〉第一部「木曾山一帯を支配する尾張藩の」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木曾山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

木曾山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation