@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

木曾節【きそぶし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

木曾節
きそぶし
長野県木曽福島地方でわれる民謡。時代によって,そう呼ばれる対象が異なるが,現在は「中乗さん」とか「木曾の中乗さん」などと呼ばれているものをいい,明治末期に広く紹介され,全国に知られるようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きそぶし【木曾節】
長野県木曾地方の盆踊歌。歌詞中の〈御嶽(おんたけ)〉は,木曾川筋を中心に近辺一円の信仰の中心である霊峰。〈なかのりさん〉は,おそらく神と人との〈中〉にたって神の意志を〈宣(の)る〉という,宗教的な役の名称であろう。またこの歌の中でははやしことば的に使われており,昔は《なかのりさん節》とよばれていた。1915年,木曾福島町で木曾踊の復活をはかり,《なかのりさん節》を元歌に,現在の《木曾節》やその踊りを作った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

きそ‐ぶし【木曾節】
〘名〙 民謡。長野県木曾郡木曾福島町を中心に生まれた木曾谷一帯の盆踊唄。別名は「中乗さん」。古くは「御嶽節」を木曾節と言ったが、現在では「中乗さん」をさしていう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木曾節」の用語解説はコトバンクが提供しています。

木曾節の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation