@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

木曾路【きそじ】

世界大百科事典 第2版

きそじ【木曾路】
古代では吉蘇路あるいは岐蘇,吉祖,岐岨とも書き,近世以降は木曾路が一般化する。
古代
 吉蘇路は美濃国(岐阜県)と信濃国(長野県)を結ぶ道路であった。《続日本紀》によると702年(大宝2)岐蘇山道の工事に着工し713年(和銅6)に吉蘇路が完成し,翌年美濃守笠麻呂以下が賞されている。経路東山道の本路に関するとすると,江戸時代以降の中山道のように木曾谷を通過するとする説とがあり決し難い。前説をとると,現在の中央高速自動車道恵那山トンネルの上を通る神坂(みさか)へ,中津川市付近から至る東山道の改修あるいは付替えを意味するが,《三代実録》に〈此の地は美濃国府を去ること行程十余日〉というのに合わない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

きそ‐じ ‥ぢ【木曾路】
[一] 長野県南西部、中山道の鳥居峠付近から馬籠(まごめ)峠に至る間をいう。奈良時代の初めに開かれ、江戸時代には贄川(にえかわ)から、奈良井、藪原、宮越(みやのこし)、福島、上松(あげまつ)、須原、野尻、三留野(みどの)、妻籠(つまご)、馬籠まで十一宿が置かれた。吉蘇路。信濃路。→木曾谷
※続日本紀‐和銅六年(713)七月戊辰「美濃信濃二国之堺。径道険隘。往還艱難。仍通吉蘇路
※夜明け前(1932‐35)〈島崎藤村〉第一部「木曾路(キソヂ)はすべて山の中である」
[二] ((一)がその一部にあったところから) 江戸時代の五街道の一つ、中山道をいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木曾路」の用語解説はコトバンクが提供しています。

木曾路の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation