@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

木曾【きそ】

世界大百科事典 第2版

きそ【木曾】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

きそ【木曾】
[1]
[一] 長野県南西部、御嶽の東、木曾山脈の西側、木曾川の上流域を占める地域。現在の木曾郡(旧西筑摩郡)にあたる。国内有数の森林地帯で良材の産地。古くは美濃国に属したが、のち信濃国に属することとなった。江戸時代は尾張藩が領有した。岐曾、岐蘇、吉祖、岐岨とも表記。→木曾路木曾谷木曾山
[二] 木曾義仲をいう。
[三] 謡曲。四番目物。観世流。作者不詳。別名「埴生(はにゅう)」「木曾願書」。「平家物語」による。木曾義仲が越中国埴生に陣をしいた時、右筆の覚明は願書を書いて八幡宮に奉納する。そして、酒宴を開いて出陣を祝い、倶利伽羅(くりから)で大勝利をおさめる。
[2] 〘名〙 男児の節句に飾る木刀。菖蒲刀(しょうぶがたな)
※随筆・嬉遊笑覧(1830)九「『羅山文集』慶安辛卯五月云々童児立紙幡木曾、これは菖蒲刀を木曾といへり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

木曾
(通称)
きそ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
義長三ツ巴
初演
正徳2.9(江戸・中村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

木曾
きそ
球磨型軽巡洋艦」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木曾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

木曾の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation