@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

木村鷹太郎【きむら たかたろう】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

木村鷹太郎 きむら-たかたろう
1870-1931 明治-昭和時代前期の評論家。
明治3年9月18日生まれ。30年井上哲次郎らと雑誌「日本主義」を創刊バイロン評伝や「プラトーン全集」の翻訳で知られる。「世界的研究に基づける日本太古史」で日本民族の発祥ギリシャとするを展開した。昭和6年7月18日死去。62歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。帝国大学卒。号は鳴潮。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

きむらたかたろう【木村鷹太郎】
1870‐1931(明治3‐昭和6)
明治・大正期の異色ある評論家,翻訳家。宇和島生れ。1897年,大日本協会を設立し,同年5月に機関誌《日本主義》を創刊。国粋主義を鼓吹する一方,バイロン,プラトンの翻訳紹介に力を注ぎ,日欧両文化の矛盾を解決すべく,日本民族ギリシア渡来説を唱えて世人を煙に巻いた。《日本書紀――仁徳帝の埃及難波》《日本民族東漸史》《バイロン傑作集》《プラトン全集》など,多くの著訳書がある。東京に没。【山下 武】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

きむら‐たかたろう【木村鷹太郎】
評論家。号は鳴潮。伊予(愛媛県)出身。東京帝大卒。陸軍士官学校教授、新聞記者などをつとめる。高山樗牛らと雑誌「日本主義」を発行。日本民族の発祥をギリシアや中央アジアとする新説を発表。著「日本国教論」などのほか、バイロンなどの翻訳書も多い。明治三~昭和六年(一八七〇‐一九三一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木村鷹太郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

木村鷹太郎の関連情報

関連キーワード

清水宏斎藤寅次郎五所平之助マキノ雅広ルロイ稲垣浩成瀬巳喜男内田吐夢島津保次郎田坂具隆

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation