@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

木次【きすき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

木次
きすき
島根県東部,雲南市中部の旧町域。斐伊川中流域にある。 1891年町制。 1955年日登村,温泉村と合体して雲南木次町となり,1957年木次町に改称。 2004年大東町,加茂町,三刀屋町,吉田村,掛合町の5町村と合体して雲南市となった。斐伊川本流と久野川の合流点にあり,江戸時代末期から河港町,市場町として発展。木材和紙などの集散地で定期市も開かれた。大正時代に簸上 (ひかみ) 鉄道 (現 JR木次線) が開通して以来,鉄道交通の要地となった。河床より低い位置にある地域では,盛り土を施している。米作,野菜栽培,畜産が行なわれるが,工場の進出や卸・小売業などの第3次産業の伸びも著しい。南部に湯村温泉がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

木次
きすき

島根県中東部、大原郡にあった旧町名(木次町(ちょう))。現在は雲南市(うんなんし)の中部を占める地区で、雲南市役所の所在地。1891年(明治24)町制施行、1951年(昭和26)斐伊(ひい)村を編入。1955年温泉、日登(ひのぼり)の2村と合併し雲南木次町となり、1957年木次町と改称した。2004年(平成16)大東(だいとう)町、加茂(かも)町、三刀屋(みとや)町、掛合(かけや)町、吉田(よしだ)村と合併、雲南市となる。旧町域は、斐伊(ひい)川の中流域に位置し、JR木次線、国道54号、314号が通じる。松江自動車道の三刀屋木次インターチェンジが近い。古くから出雲(いずも)地方の南部、いわゆる雲南三郡(大原、飯石(いいし)、仁多(にた))の中心的な町であった。明治時代までは斐伊川舟運の高瀬舟の上り舟の終点にあたり、谷口集落の性格をもった。近世には紙市が開かれ、雲南三郡の和紙を集め、問屋も多かった。また農具の千歯扱(せんばこき)生産も盛んであった。町屋は河床より低地にあり、蓄財すると水害防止のために宅地を高くする「一文上り(いちもんあがり)」の家がみられる。斐伊川上流には湯村(ゆむら)温泉がある。

[小松 聰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木次」の用語解説はコトバンクが提供しています。

木次の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation