@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

木沢【きさわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

木沢
きさわ
徳島県中南部,那賀町北部の旧村域。那賀川の支流坂州木頭川と沢谷川流域に広がる。 1955年坂州 (さかしゅう) 村と沢谷 (さわだに) 村が合体し木沢村となる。 2005年相生町,上那賀町,鷲敷町,木頭村と合体し那賀町となる。剣山地の南斜面にあり,雨が多く,スギの美林で有名。 1950年那賀川総合開発の一環として,追立ダム,坂州発電所が建設された。沢谷川流域に国の天然記念物である沢谷のタヌキノショクダイ発生地があり,付近は中部山渓県立自然公園に,また剣山一帯は剣山国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

木沢
きさわ
徳島県南西部、那賀郡(なかぐん)にあった旧村名(木沢村(そん))。現在は那賀町の北部を占める地域。那賀川の上流域で剣(つるぎ)山南麓(ろく)に位置する。旧木沢村は、1955年(昭和30)沢谷村と坂州(さかしゅう)村が合併して成立。2005年(平成17)鷲敷(わじき)、相生(あいおい)、上那賀の3町および木頭(きとう)村と合併して那賀町となる。地域のほとんどが山林で木頭林業地帯の一部をなす。1975年に国道193号が通じ、交通は著しく整備された。ユズ、ユコウなどを特産。腐生植物のタヌキノショクダイ発生地は国指定天然記念物。坂州と広野に発電所がある。黒滝寺は四国八十八か所第21番札所太龍(たいりゅう)寺の奥の院にあたる。[高木秀樹]
『『木沢村誌』(1976・木沢村) ▽『木沢村誌 後編』(2005・木沢村)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木沢」の用語解説はコトバンクが提供しています。

木沢の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation