@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

木津川【きづがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

木津川
きづがわ
京都府南部を流れる淀川水系の一部。三重県西部と奈良県北東部を流れる名張川伊賀川が,京都府南東端の南山城村で合流し,木津川となる。西流したのち木津からは北方へ向い,八幡市と大山崎町の間の狭隘部で宇治川,桂川と合流し淀川となる。水源から川となるまでの全長約 89km。近世には水運が活発で,笠置加茂,木津は河港としてにぎわい,木材運搬が多かった。上流部では花崗岩砂礫流入が多く,下流部では古くからしばしば洪水が発生し,自然堤防や天井川がみられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木津川
きづがわ
大阪市内を流れる旧淀川の分流の一つ。中之島の西端,西区土佐堀通りから分流して南流し,河口近くで西に転じて,大正区船町で大阪湾に注ぐ。長さ 10km。上流沿岸には倉庫,運輸施設が並び,下流にいくに従い重化学工場が増し,特に大規模な造船所が多く,木津川造船業地区をなす。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きづ‐がわ〔‐がは〕【木津川】
三重県の鈴鹿(すずか)山脈南部に発し、京都府南部を流れて八幡(やわた)市で淀川に注ぐ川。
京都府南端にある市。が東西に流れる。1980年代に京都府・大阪府・奈良県にまたがる関西文化学術研究都市の一部として開発が進み、平成19年(2007)3月、山城町・木津町・加茂町が合併して市制施行。官民の研究機関が多い。人口7.0万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きづがわ【木津川】
三重県の伊賀地方から京都府の南山城地方を流れて淀川に入る川。幹川流路延長89km,全流域面積1663km2。伊勢と伊賀の境界をなす布引山地源流を発し,前深瀬川,久米川を合わせて上野(伊賀)盆地に入り,柘植(つげ)川,服部川を合わせて西流する。この付近を伊賀川とも呼ぶ。次いで名張川,大和高原から北流する布目川,白砂川,信楽(しがらき)山地からの和束(わつか)川などを合流させ,京都盆地南部に入る。木津町から河床こう配は緩くなり広いはんらん原を作って北流し,八幡(やわた)市橋本で宇治川桂川と合流して淀川になる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

きづがわ【木津川】
淀川下流の分流の一つで,大阪市西部を流れる。旧淀川の大川につづく土佐堀川とは中之島西端で分かれて西区を貫流し,道頓堀川を合わせ,尻無川を分岐させ,さらに南流して大阪湾に入る。延長11.8km。江戸時代には安治川とともに大坂に入港する諸国廻船の船着場となり,河口付近では加賀屋,恩加島などの新田開発が進んだ。明治後期から着手された大阪港整備工事に伴って,木津川は大阪港の補助的役割を果たす内港となり,1916年に築港地区と木津川を結ぶ木津川運河が完成すると,これに沿って鉄鋼,機械,化学,セメントなどの工場が立地し,さらに第1次大戦後は多くの造船所が木津川左岸に進出し,臨海工業地区が形成された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

事典・日本の観光資源

木津川
(三重県)
伊賀のたからもの100選」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きづ‐がわ ‥がは【木津川】
[一] 上野盆地に発し、京都府南部を流れて淀川に合流する川。三重県上野市以東の上流部は伊賀川と呼ばれる。古来、瀬戸内海から淀川を経由して大和国へ至る水運に利用。巨椋(おぐら)池南岸の水害を避けるため、明治時代に流路が変更された。泉川。
[二] 大阪市の西部を流れる淀川の分流。江戸時代、廻船の発着場となり、現在は大阪港の補助的役割を果たす。河口付近は重化学工業地帯。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木津川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

木津川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation