@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

木瓜【ボケ】

デジタル大辞泉

ぼ‐け【木瓜】
バラ科の落葉低木。高さ約2メートル。枝にとげがあり、葉は楕円形で縁にぎざぎざがある。春、葉に先だって、紅・淡紅・白色や絞りの5弁の花が咲く。実は球状で夏に黄色に熟し、香りがある。中国の原産で、庭木にされる。ぼっか。もけ。 花=春 実=秋》「四阿(あづまや)や此処に春ゆく―二輪/水巴

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もっ‐か〔モククワ〕【木×瓜】
ボケまたはカリンの成熟果実。漢方で、利尿鎮痛薬などに用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もっ‐こう〔モクカウ〕【木×瓜】
紋所のを包んでいるように見える図柄。また、ウリを輪切りにした形を図案化したものともいう。すだれ帽額(もこう)に多く用いたところからいい、「木」と当てて書いた。窠紋(かもん)。もこう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼっ‐か〔ボククワ〕【木×瓜】
ぼけ」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

も‐け【×瓜】
ボケの古名。〈和名抄

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

も‐こう〔‐カウ〕【×瓜】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

木瓜 (キュウリ)
学名:Cucumis sativus
植物。ウリ科の一年生つる植物,園芸植物,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木瓜 (ボケ)
植物。バラ科の落葉小低木,園芸植物,薬用植物。クサボケの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木瓜 (ボケ・ボクカ;モクカ)
学名:Chaenomeles speciosa
植物。バラ科の落葉低木,園芸植物,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼ‐け【木瓜】
〘名〙
① バラ科の落葉低木。中国原産で、日本では観賞用に庭などに植えられる。高さ一~二メートル。小枝にとげがある。葉は有柄、長楕円形または卵形で縁に細鋸歯(きょし)がある。四~五月に、径三センチメートルぐらいの五弁花が咲く。花は紅・淡紅・白色またはそれらの絞(しぼ)り。果実は卵形か球形で長さ約五センチメートル。黄緑色に熟す。和名は中国産のマボケの漢名「木瓜(ぼくか・ぼっか)」から。漢名、貼梗海棠。もけ。もっか。ぼっか。
▼ぼけの花 《季・春》
▼ぼけの実 《季・秋》
※雑談集(1305)一〇「転筋の病には木瓜あぶりて、さすりなづれば愈ゆ」
② 植物「くさぼけ(草木瓜)」の異名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

も‐け【木瓜】
〘名〙 植物「ぼけ(木瓜)」の古名。〔本草和名(918頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もっ‐か モククヮ【木瓜】
〘名〙 バラ科の植物、ボケ、クサボケ、カリンなどの果実をさす。漢方で嘔吐(おうと)・下痢・水腫・転筋などに用いる。〔伊京集(室町)〕
※諸人日用宝(1737)上「木瓜(モックヮ)を粉にして〈略〉脚気のいたむ所、はれたる所へひたものひくべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もっ‐こう モクカウ【木瓜】
〘名〙
① 紋所の名。鳥の巣が卵を包んでいるもの。一説に、蜂の巣をかたどったもの、または瓜を輪切りにしたものを図案化したものともいう。簾(すだれ)の帽額(もこう)に多く用い、木瓜とあて字した。木瓜、四方木瓜、唐木瓜、割り木瓜などがある。もこう。窠文(かもん)。〔伊京集(室町)〕
② (常磐津節の家元の定紋が角木瓜であるところから) 常磐津節をしゃれていった語。
※雑俳・柳多留‐六九(1817)「もっこうの娘をいつかかつぎ出し」
③ 天秤(てんびん)の針の尖端を取囲む①に似た金属。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼっ‐か ボククヮ【木瓜】
〘名〙 =ぼけ(木瓜)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

も‐こう ‥カウ【木瓜】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木瓜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

木瓜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation