@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

木生シダ【もくせいシダ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

木生シダ
もくせいシダ
tree fern
熱帯・亜熱帯に広く分布する,が直立して高く伸びる大型のシダのことで,いわゆる木本とは異なる。そのほとんどはヘゴ科に属するもので,ほかにタカワラビ科も木生シダである。ヘゴ科は約 600~1500種から成り,茎は鱗片有し,複雑な中心柱をもち,茎頂に大型の羽状複葉を叢生するものが多い。葉柄には鱗片のほかにとげのあるものが多く,その形態はヘゴ科の分類に用いられる。一方,タカワラビ科は,環帯の様子から古くはヘゴ科に入れられていたが,鱗片がなく毛だけをもち,胞子嚢群が葉縁につくなどの点で,ヘゴ科から区別される。日本には,ヘゴ科のヒカゲヘゴ,マルハチ,クロヘゴ,ヘゴ,メヘゴなどや,タカワラビ科のタカワラビがある。ヘゴの茎はヘゴとして,着生ランなどの栽培,アイビーの支柱などに利用されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

もくせいしだ【木生シダ tree fern】
茎が立ち上がり,葉が大型になったシダ類シダ植物の茎は長く伸びる場合も地面をはって根茎になるのが普通であるが,いくつかの種では茎が直立して長く伸び,その周辺に不定根などが密にもつれ合ってつき,太い幹になって茎頂に展開する葉を支えているものがある。ヘゴ科のほとんどすべての種をはじめ,タカワラビ科,シシガシラ科などに,高い幹をつくる木生シダがあり,クワレシダなどの茎も高さが1m近くに伸びる。木生といっても,茎は肥大生長はしないので,をつくることなく,いわゆる木本とはいえない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

木生シダ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

木生シダの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation