@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

木綿問屋【もめんどんや】

世界大百科事典 第2版

もめんどんや【木綿問屋】
近世以降,木綿織物を扱った問屋商人木綿が日本で織り出されるようになったのは,15世紀末~16世紀中葉といわれるが,江戸時代に入って広く庶民層にまで衣料として利用されたことから,これを扱う商人たちも多くなり,問屋群が集散地に生成した。近世前期には生産地荷主と諸国の注文主との間を仲介し,木綿荷物の引受け・管理・保管にあたり,口銭(こうせん)と蔵敷料(くらしきりよう)を受け取る荷受問屋(にうけどんや)が主体であったが,中後期には自己資本でもって生産地から仕入れ,染色などの加工をほどこして仲買・小売商に販売する仕入問屋が木綿流通の重要なとなった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

もめん‐どんや【木綿問屋】
〘名〙 木綿を取り扱う問屋。
※財政経済史料‐一・財政・雑税・工商税・文化六年(1809)六月五日「冥加上金次第抄 覚〈略〉一金千両也 木綿問屋四拾四人」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木綿問屋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

木綿問屋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation