@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

木耳【キクラゲ】

デジタル大辞泉

き‐くらげ【木耳】
担子菌類キクラゲ科のキノコ。ニワトコの枯れに群生。形が人の耳に似て、茶色で寒天質。乾燥すると縮み、軟骨質になる。主に中華料理に用いる。きのみみ。 夏》「―や母の遺せし裁鋏(たちばさみ)/不死男
1に形が似るところから》人の耳。
「其所見を著者の―に聞かしめたまわば」〈逍遥小説神髄

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

木耳 (キクラゲ)
学名:Auricularia auricula
植物。キクラゲ科のキノコ,園芸植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐くらげ【木耳】
〘名〙
① 担子菌類キクラゲ科のきのこ。夏から秋にかけて山地の広葉樹の倒木や枯木に群生する。体は人の耳状で波状に屈曲し、直径三~五センチメートルになり、外面は淡褐色で微細毛が生えるが平滑に見える。肉は寒天質でやわらかいが、乾燥すれば軟骨質となる。食用になり、特に中国料理でよく使われる。シロキクラゲやアラゲキクラゲなどがある。みみたけ。《季・夏》 〔日葡辞書(1603‐04)〕
② (①と形が似ているところから) 耳をいう。
※雑俳・二柱(1743頃)「木耳を積んで日本の置膾」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

き‐の‐みみ【木耳】
〘名〙 きのこ「きくらげ(木耳)」の異名。〔十巻本和名抄(934頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木耳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

木耳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation