@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

木花開耶姫【コノハナノサクヤビメ】

デジタル大辞泉

このはなのさくや‐びめ【木花開耶姫/木花之佐久夜毘売】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

木花開耶姫 このはなさくやひめ
記・にみえる神。
大山祇(おおやまつみの)神の娘。瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)と一夜をともにしただけで身ごもる。の疑いをはらすため,「尊の子であれば無事に生まれる」といって産屋(うぶや)に火をつけ,火闌降(ほのすそりのみこと)(海幸彦),彦火火出見(ひこほほでみの)尊(山幸彦),火明(ほのあかりの)命を生んだ。別名に神吾田津(かんあたつ)姫。「古事記」では木花之佐久夜毘売,神阿多都比売。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

このはなのさくやびめ【木花開耶姫】
日本神話にみえる,乙女の美しさを花にたとえた説話上の名。別名,神吾田津姫(かみあたつひめ),鹿葦津姫(かあしつひめ)。《古事記》では木花之佐久夜毘売と記す。記紀の伝承によると,日向高千穂に天降った瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)は大山祇神(おおやまつみのかみ)の2人の娘と婚することとなるが,姉の磐長姫(いわながひめ)は顔が醜いので送り返し,妹のサクヤビメとだけ床を共にする。天皇の生命が木の花のようにはかないのはこのためだという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

木花開耶姫
このはなさくやひめ

日本神話で、天孫瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に求婚された山の神の娘。この求婚を喜んだ山の神は、「天孫の命が石のごとく永遠であれ、木の花が栄えるように栄えてあれ」と磐長姫(いわながひめ)と木花開耶姫の2姉妹を奉るが、磐長姫が醜いために天孫は木花開耶姫だけをめとる。それで天皇(『日本書紀』一書では人間)の命は有限なのであるという。この話は、人間が石から生まれずバナナから生まれたために死ぬようになったという、東南アジアの古層栽培民文化に成立した死の起源伝承に源をもつ。この人間の死の起源伝承を、『古事記』が天皇の死の起源伝承に置き換えたのは、神である天皇がなぜ死ぬかという問いに答えを用意する必要があったからである。なおこの結婚により、天孫は山の呪力(じゅりょく)(幸(さち))を加え、御子(みこ)は山幸彦(やまさちひこ)として誕生する。

[吉井 巖]

『大林太良著『バナナ・タイプ』(『日本神話の起源』所収・1961・角川新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木花開耶姫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

木花開耶姫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation