@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

木頭【きとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

木頭
きとう
徳島県中南部,那賀町西部の旧村域。那賀川最上流域にある。 1957年木村と上木頭 (かみきとう) 村の一部が合体し木頭村が発足。 2005年相生町,上那賀町,鷲敷町,木沢村と合体し那賀町となる。スギの美林があり,木頭林業地帯として知られ,木材は国道 195号線を通って運搬される。スギの高級割箸を産し,ユズ特産。村域は中部山渓県立自然公園剣山国定公園に属する。剣山スーパー林道沿いに高の瀬峡秘境がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きとう【木頭】
徳島県南部,那賀郡木頭村,木沢村,上那賀町の3ヵ町村にわたる地域名。那賀川上流域を占め,いわゆる木頭林業地帯をなす。この地方は古くから杉の美林で知られ,近世には藩有林であったが,明治初期に民有林となり,明治中期から造林が本格的に進められた。現在は5万haの森林で杉の人工造林が進められ,人工林は全面積の2/3を占めている。この流域は剣山の南斜面に当たり,年降水量3000mm,平均気温14℃で杉の生育に適している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

デジタル大辞泉

き‐がしら【木頭/×柝頭】
歌舞伎で、幕切れに打つ拍子木の最初の音。きのかしら。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木頭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

木頭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation