@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

木魚【もくぎょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

木魚
もくぎょ
仏前で読経する際にたたいて鳴らす道具木製体鳴楽器。もとは細長い木材を魚形に刻み,魚板と称して,これを打って集合の合図として用いた。のちに円形中空,細長い穴をうがって表面に魚の鱗を彫刻したもの (魚鼓) が現れ,読経の調子をとる道具として使用されるようになった。大きさは 1mに及ぶものから 6cmくらいのものまであり, (ばち) も使い分けられる。現代音楽の楽器としても用いられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

もく‐ぎょ【木魚】
読経のときにたたいて鳴らす木製の仏具。丸くて中空で、表に魚鱗(ぎょりん)を彫刻してある。布などで先端を包んだ棒で打つ。
禅寺庫裏(くり)につるし、食事時に打ち鳴らした魚形の木の板。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

もくぎょ【木魚】
東アジアの仏教法具あるいは打楽器。古くは木製の魚状の板である魚板(ぎよばん)をいう。ふつう読経用に用いられるいわゆる木魚は,魚板が変形して,中空で口が開いた木製の鈴のような形になったもので,頭部に扁平な柄がある。クスノキまたはクワなどの木材を響孔から刀を入れて空洞に彫る。木地のままのものと,表面を朱漆塗して魚鱗などを彫って金箔をおしたものとがある。双魚が珠を争う形や,1尾の魚が屈曲して頭尾を接した形のものや,竜を図案化したものがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

もくぎょ【木魚】
経を読む時にたたく木製の仏具。ほぼ球形で中空、横に割れ目があり、魚の鱗うろこが彫りつけられている。禅寺で合図に打ち鳴らす魚板ぎよばんから変化したもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

木魚
もくぎょ
読経(どきょう)や唱題(しょうだい)などの調子をとるために用いる仏具。一般にクスノキなどの木を材料とし、球形の内を空洞にして表面の一部に魚鱗(ぎょりん)の彫刻をしてある。小蒲団(ふとん)の上に置き、先端に布を巻いた棒で打ち鳴らす。もともと禅院で大衆を集める合図として打ち鳴らした魚鼓(ぎょく)(魚板(ぎょばん))から発展し、団扇(うちわ)形に変化し、さらに二頭一身の竜が向き合って一つの珠(たま)を含む形となり、木魚とよばれるようになった。中国では明(みん)代ころに現在みられるような形となり、日本では室町時代の遺品もあり、当時から使われていたようであるが、江戸時代の初めに渡来した隠元隆(いんげんりゅうき)が請来したともいわれている。おもに禅宗、天台宗、浄土宗などで使用する。浄土宗では一時、宗義に反するとして使用が禁じられたが、現在は念仏を唱えるときに重用されている。
 木魚は楽器としても多く用いられた。中国では清(しん)代乾隆(けんりゅう)帝(在位1735~95)のころ民俗楽器として用いられ、日本では江戸時代、「木魚入合方(いりあいかた)」として歌舞伎下座(かぶきげざ)音楽に取り入れられた。第二次世界大戦後にはアメリカのジャズ・ドラマーによって、小形の木魚がそのままドラム・セットに加えられ、近年は形を変えてウッド・ブロックとしてドラム・セットに編入されている。[中尾良信]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

もく‐ぎょ【木魚】
〘名〙
① 木で龍頭魚身の形に作ったもの。禅家で庫裡(くり)につるし、食事時に打ち鳴らす。
※永平道元禅師清規(13C中)赴粥飯法「次打木魚。衆僧集定」 〔蘇軾‐宿海会寺詩〕
② 僧侶が経を読む時にたたき鳴らす仏具。木造円形で、中空にしたもの。表に魚鱗を刻んである。布や革で先端を包んだ棒で打つ。近世、歌舞伎の鳴物としても用いた。〔和漢三才図会(1712)〕 〔北史‐隋紀・上〕
③ 鰹節。
※風俗画報‐九九号(1895)人事門「清商これを戛魚(かつぎょ)或は木魚(モクギョ)といふなり。煮取は鰹節を造る時、其液滞する者を取て之を収る」
④ (大きな腹を②に見立てるところから) 妊娠した婦人をいう俗語。〔隠語構成様式并其語集(1935)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木魚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

木魚の関連情報

他サービスで検索

「木魚」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation