@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

木鶏【モッケイ】

デジタル大辞泉

もっ‐けい〔モク‐〕【木鶏】
《「ぼっけい」とも》
木製のにわとり。
1から転じて)少しも動じない最強の闘。また、強さを秘め、に対してまったく動じないことのたとえ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

木鶏
強い闘鶏は、木彫りの鶏のように動かず泰然としている、との中国の故事に由来した言葉。横綱双葉山は、連勝が69で止まった時、「イマダモッケイ(木鶏)タリエズ」と友人に電報を打った。白鵬は昨年夏場所、自身の連勝が33で止まった際に支度部屋で「いまだ木鶏たりえず、だな」と話した。
(2010-11-16 朝日新聞 朝刊 スポーツ3)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

故事成語を知る辞典

木鶏

出典:故事成語を知る辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木鶏
争おうとする気概こそ見えないものの、敵に対してまったく動じないようすのたとえ。

[使用例] きょきょうならず、きょうけいに応ぜず、疾視せず。盛気せず。実に所謂いわゆる木鶏のごとしかりき[松村介石*老荘画談|1911]

[使用例] 神戸の中谷清一氏や四国の竹葉秀雄氏にあてて、「イマダ モッケイタリエズ フタバ」と打電しましたのは、当時のわたくしの偽りない心情の告白でありました[時津風定次*相撲求道録|1956]

[由来] 「荘子―達生」に出てくる話から。紀元前九世紀、周王朝の時代の中国でのこと。せいという人物が、王のために闘鶏の鶏を訓練することになりました。一〇日経って王がようすを尋ねると、「まだです。やたら強がってばかりですから」との答え。また一〇日後、再び王が尋ねると、今度の答えは、「まだです。ほかの鶏をにらみつけていますから」。さらに一〇日が過ぎてから王がようすを尋ねたところ、「仕上がりました。ほかの鶏が鳴いてもまったく反応せず、『これを望むに木鶏に似たり(木製の鶏の人形のように見えます)』。完璧です」と答えたということです。

[解説] ❶老荘思想には、争わなければ負けることもないから、それこそが勝利への最高の道である、という考え方があります。木鶏の話は、本来はそれを具体的に示したものです。❷一九三九(昭和一四)年、大相撲の横綱、双葉山が七〇連勝がかかった一番で敗れたとき、「いまだ木鶏たりえず」と述べたことは、有名。ここから、現在では、主にスポーツの場面で、「平常心を失わないで勝負に臨む」という意味合いで、よく用いられます。❸「ぼっけい」と読んでも間違いではありません。

出典:故事成語を知る辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木鶏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

木鶏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation