@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

未熟【ミジュク】

デジタル大辞泉

み‐じゅく【未熟】
[名・形動]
果実・作物などがまだ十分に熟していないこと。また、そのさま。「未熟な梅の実」「実はまだ小さくて未熟だ」
学問や技術などの経験・修練がまだ十分でないこと。また、そのさま。「未熟な技」「処理のしかたが未熟だ」
[派生]みじゅくさ[名]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

み‐じゅく【未熟】
〘名〙 (形動)
① 果実・作物などがまだ熟していないこと。まだみのらないこと。また、そのさま。
※俳諧・滑稽雑談(1713)八月「蕎麦は〈略〉八九月に実のる、然ども未熟也」 〔礼記‐王制〕
② 学問や技芸、社会性、人格などがまだ十分に発達していないこと。修行や経験が不十分なこと。また、十分に発育していないこと。また、そのさま。
※宇津保(970‐999頃)国譲中「そこたちは、まだみじくならん」
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉上「わが未熟なる小説稗史を次第に修正改良して」 〔韓愈‐張中丞伝後序〕
③ まだ焼けないこと。十分に煮えてないこと。また、そのさま。〔史記‐衛康叔世家〕
④ 考えあぐねてぐずぐずしていること。速やかに遂行しないこと。また、そのさま。未練。未断。
※上杉家文書‐大永七年(1527)八月二一日・大熊政秀折紙「至于未熟之領主者、其地被為押旨候」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

未熟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

未熟の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation