@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

末広亭【すえひろてい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

末広亭
すえひろてい
東京の新宿3丁目にある寄席。 1910年,堀江と称した端席を,浪曲師末広亭清風が購入,末広亭と改称して浪曲の常打場とした。現在のものは 1948年3月建設。落語漫才,浪曲,講談などが演じられる。客席は1階の一部と2階が桟敷になっていて,約 500人が収容できる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すえひろ‐てい〔すゑひろ‐〕【末広亭】
東京都新宿区にある演芸場。明治30年(1897)に開場第二次大戦で焼失したが、昭和21年(1946)に再建された。新宿末広亭

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すえひろてい【末広亭】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

末広亭
すえひろてい
東京の寄席(よせ)
(1)1867年(慶応3)から1970年(昭和45)まで中央区人形町にあり、伝統的な寄席として知られていたが、客足激減のため廃館。
(2)新宿区新宿3丁目に現存するもので、当初堀江亭と称し伊勢丹(いせたん)裏にあったのを浪曲師末広亭清風が買収、1906年(明治39)に末広亭と改称、21年(大正10)に現在地に移転した。数少ない東京の寄席として若い人たちにも親しまれている。桟敷(さじき)席もあり、定員325。また第二次世界大戦後、浅草に一時、浅草末広亭があった。[向井爽也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

末広亭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

末広亭の関連情報

関連キーワード

新聞小説フレーブニコフワチラウットフレーブニコフ田岡嶺雲ニコラ1世アフリカ神話有島武郎桂太郎内閣都市気候

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation