@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

末次平蔵【すえつぐへいぞう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

末次平蔵
すえつぐへいぞう
[生]?
[没]寛永7(1630).5.25. 長崎
江戸時代初期の海外貿易家,長崎代官。平蔵は通称で,名は政直。博多の豪商末次氏の一族で,父興善の代に長崎に移住し貿易に従事した。平蔵も文禄1 (1592) 年豊臣秀吉から朱印状を得て安南貿易を行い,慶長9 (1604) 年以降は徳川幕府から朱印状を与えられ,ルソン (呂宋) ,シャム (暹羅) ,トンキン (東京) ,台湾などと交易して巨利を博した。元和5 (19) 年長崎代官村上等安と争い,代って長崎代官に任じられ長崎の町政に権力をふるった。またオランダの台湾長官 P.ノイツと台湾貿易について争い人質を取ったことは有名 (→スペックス ) 。延宝4 (76) 年,孫 (あるいは曾孫) 茂朝のときに密貿易露見一族はことごとく処罰された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すえつぐ‐へいぞう〔すゑつぐヘイザウ〕【末次平蔵】
[?~1630]江戸初期の海外貿易家。長崎の人。名は政直。南洋各地との朱印船貿易で巨富を築き、のち、長崎代官となった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すえつぐへいぞう【末次平蔵】
?‐1630(寛永7)
江戸初期の長崎代官。名は政直。博多の貿易商人末次興善の次男として生まれ,父に伴われて長崎に転居。1619年(元和5)長崎代官村山等安の不正を幕府に訴え,彼に代わって代官となり,長崎奉行長谷川権六とともにキリシタンを弾圧した。平蔵は台湾に朱印船を派遣していたが,オランダ人も台南の外港安平に商館を設け,朱印船の輸出品に輸出税を課したため,紛争となった。28年末次船の船頭浜田弥兵衛と台湾長官ピーテル・ヌイツとの衝突を機に,日蘭貿易は一時中断し,平戸オランダ商館員も抑留された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

末次平蔵
すえつぐへいぞう
(?―1630)

江戸前期の長崎代官、朱印船貿易家。博多(はかた)の豪商末次氏の一族で、名は政直。父興善(こうぜん)は1571年(元亀2)長崎開港後同地に移り、私費を投じて興善町を開き、貿易により富をなした。その子平蔵政直も貿易に従事し、幕府から朱印状を得て、商船を呂宋(ルソン)、暹羅(シャム)、台湾、交趾(コーチ)、東京(トンキン)など各地に派遣した。その船を末次船と称し、1634年(寛永11)交趾から帰航した同船の絵馬が長崎の清水寺に献納されている。平蔵は1619年(元和5)長崎代官村山等安(とうあん)と争い、その私曲を幕府に訴えてこれにかわって代官に任ぜられ、市政や貿易上に大きな力を振るった。その後彼の朱印船が台湾に渡り、オランダ側よりしばしば妨害を受けたため、28年(寛永5)彼の持ち船の船長浜田弥兵衛(やひょうえ)らは、台湾長官ヌイツにより抑留されたが、逆にこれを制圧、ヌイツに迫り和して長崎に戻った。平蔵の上申と工作により、幕府はオランダ人の貿易を差し止めた。この紛争は30年5月平蔵の病死と32年ヌイツの日本引き渡しにより解決した。その子平蔵茂房(しげふさ)はむしろオランダ人との貿易に積極的に参加している。のち76年(延宝4)正月、孫の平蔵茂朝(しげとも)のとき召使いのカンボジア密貿易が発覚、一族すべて処罰された。

[沼田 哲]

『川島元次郎著『朱印船貿易史』(1921・巧人社)』『岩生成一著『朱印船貿易史の研究』(1958・弘文堂)』『永積洋子著『平戸オランダ商館日記』(『日記記録による日本歴史叢書7』1981・そしえて)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すえつぐ‐へいぞう【末次平蔵】
江戸初期の海外貿易家。名は政直。博多(はかた)の豪商末次興善の子。安南、シャム、ルソンなどとの朱印船貿易で巨利を得た。また、長崎外町の代官となり、威勢をきわめた。寛永七年(一六三〇)没。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

末次平蔵
すえつぐへいぞう
?〜1630
江戸初期の朱印船貿易家
博多の豪商。幕府の朱印状を得てルソン・シャム・台湾・アンナン・トンキンなどに貿易船(末次船)を派遣して活躍。また長崎代官に任ぜられ,市政や貿易に大きな権力をふるった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

末次平蔵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

末次平蔵の関連情報

関連キーワード

ウィンスロップ三十年戦争ハルスアユタヤ朝プラーサートーンカルロ・エマヌエレ1世藤堂高虎アダム・シャールリン(元素)足抜

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation