@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

末葉【ウラバ】

デジタル大辞泉

うら‐ば【末葉】
草木の茎やの先のほうの。うれば。⇔本葉(もとは)
「池の辺の松の―に降る雪は五百重(いほへ)降り敷け明日さへも見む」〈・一六五〇〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すえ‐ば〔すゑ‐〕【末葉】
草木の先の方にある葉。うらば。
子孫。末孫。まつよう。
「竹の園生(そのふ)の―まで、人間の種ならぬぞやんごとなき」〈徒然・一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばつ‐よう〔‐エフ〕【末葉】
まつよう(末葉)3」に同じ。
「兼輔の中納言より八代の―」〈平家・六〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まつ‐よう〔‐エフ〕【末葉】
ある時代の終わりごろ。末期。「20世紀の末葉
物事の大事でない部分。
「生産者の責任はやはり―たるを免れぬ」〈河上肇貧乏物語
子孫。末裔(まつえい)。ばつよう。
「上総国の御家人高滝と聞こえしものの―にて」〈折たく柴の記・上〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

うらば【末葉】
草木の先端の葉。 池のへの松の-に降る雪は五百重いおえふりしけ明日さへも見む/万葉集 1650

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すえば【末葉】
草木の先端にある葉。
子孫。後裔こうえい。まつよう。 紅の園生の種や-まで/浄瑠璃・二つ腹帯

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばつよう【末葉】
まつよう(末葉)に同じ。 鎌倉の権五郎景政が四代の-/保元

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まつよう【末葉】
ばつようとも
ある時代の終わりの頃。末期。 江戸時代-
子孫。末裔まつえい日葡

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うら‐ば【末葉】
〘名〙 草木の茎や枝の先端の葉。こずえの葉。⇔もと葉
※古事記(712)下・歌謡「上(ほ)つ枝(え)の 枝の宇良婆(ウラバ)は 中つ枝に 落ち触(ふら)ばへ 中つ枝の 枝の宇良婆(ウラバ)は」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うれ‐は【末葉】
〘名〙 草木のすえの方にある葉。うらば。梢葉。
※拾遺愚草員外(1240頃)「初雪の窓の呉竹ふしながらおもるうれはのほどぞ聞ゆる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うれ‐わわら‐は【末葉】
〘名〙 先の方の乱れそそけた葉。
[補注]「万葉‐一六一八」の「玉に貫き消たず賜(たば)らむ秋萩の宇礼和良葉(ウレワワラは)に置ける白露」の訓であるが、「うれわわらばに」で、葉先がたわむばかりにの意とする説、「」を「久」の誤字として、「うれわくらばに」で、白露が秋萩の末に特に際立って置いているさまとする説などがある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すえ‐ば すゑ‥【末葉】
〘名〙
① 草木の枝や茎の先端にある葉。こずえの葉。うらば。
※いほぬし(986‐1011頃)「いかにせむ風にみだるる荻の葉の末ばの露にことならぬみを」
② 転じて、子孫。末孫。末裔(まつえい)。まつよう。
※徒然草(1331頃)一「竹の園生の末葉まで、人間の種ならぬぞやんごとなき」
③ 終わり頃。末端。
※幸若・笛之巻(寛永版)(室町末‐近世初)「その年の神無月、すゑはのころになりければ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばつ‐よう ‥エフ【末葉】
〘名〙 末孫。末裔。後裔。まつよう。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※屋代本平家(13C前)六「越後の国には余五将軍が末葉(ハツヨウ)城太郎助長、同四郎助持等は」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まつ‐よう ‥エフ【末葉】
〘名〙
① 末孫。末裔。後裔。ばつよう。
※本朝文粋(1060頃)四・為入道前太政大臣辞職第三表〈大江匡衡〉「末葉多列槐庭兮栄顕、臣之居三公者」 〔急就篇‐焦滅胡注〕
② 末の時代。末世。末代。〔魏志‐高堂隆伝〕
③ 末年。ある区切りの終わりに当たるころ。
※雪(1938)〈中谷宇吉郎〉二「十九世紀の末葉から顕微鏡写真の方法が考案され」
④ 物事の大事でない部分。
※岡本の手帳(1906)〈国木田独歩〉「されどわが『この願』よりすれば悉く末葉なり幻影を追へるなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

末葉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

末葉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation