@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

末那識【まなしき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

末那識
まなしき
mano nāma vijñāna
仏教用語。唯学派で「という識」を意味する。単なる意識 mano-vijñānaと区別するために末那識と音写して用いられている。唯識学派で認める8識中の7番目の識で,思いはかることを本質とし,第8の阿頼耶識 (あらやしき) を対象として我執を起し,見,我癡,我慢,我愛を伴って我執の根本となるので,けがれたである「染汚意」とも呼ばれ,これによって第6の意識が生じる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

まな‐しき【末那識】
《「末那」は、梵manasの音写》仏語。唯識説でいう八識のうちの第七識。我に執着して存在の根拠となる心の働き。意識がなくなった状態にも存在し、迷いの根源とされる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まなしき【末那識】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

末那識
まなしき

インド仏教の唯識(ゆいしき)説で主張された重要な用語。末那はサンスクリット語のマナスmanasの音写。唯識説では、感覚器官に基づく五識(しき)と、それを推理判断する意識との計六つの識のほかに、その背後で絶えず働いている自我意識の存在を認め、これをマナス(思い量る意)もしくはクリシュタ・マナスklista-manas(染汚意)とよんだ。これは、さらにその深層に存在すると考えられた第八識の阿頼耶識(あらやしき)を対象として、それを自我であると思い込む意識とされた。それが玄奘(げんじょう)訳を介して末那識あるいは第七識として中国や日本に伝えられ、仏教的認識論に重要な役割を果たした。

[袴谷憲昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まな‐しき【末那識】
〘名〙 (「末那」はmanas の音訳) 仏語。唯識宗で説く八識の一つ、第七識をいう。第六意識と区別される識作用で、意識がなくなった状態にも不断に存在し、自己を愛し存在させる迷いの根源とされる心のはたらきをいう。〔法相二巻抄(1242か)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

末那識」の用語解説はコトバンクが提供しています。

末那識の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation