@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

本体【ほんたい】

デジタル大辞泉

ほん‐たい【本体】
《古くは「ほんだい」とも》
そのものの本当の姿。正体。
「―の得知れぬ、一種不思議な力に誘(いざな)われて」〈二葉亭浮雲
付属物を除いた、主になる部分。「カメラの本体」「本体価格」
神社の神体。また、寺の本尊。
哲学で、現象を超えて存在する恒存的なもの。もろもろの存在の根底にあるもの。理体

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほんたい【本体】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ほん‐たい【本体】
〘名〙
① 隠されたほんとうの形。真の姿。正体。素性。
※浜松中納言(11C中)五「この人のほんたいをばこの宮もえ知り給はじ」 〔阮籍‐楽論〕
② 物事の根本。中心、主体となる部分。本質。真髄。
※とりかへばや(12C後)上「はかなくかきならし給琴の音も、唐国のほんたい覚えて」
③ 神社・寺院の神体または本尊。
※東関紀行(1242頃)株瀬川より熱田「この宮の本体は、草薙と号し奉る神剣なり」
④ 哲学で、現象の背後に、現象を超えて存在する恒存的なもの。形而上学、存在論、第一哲学の対象。カントでは、人間の認識能力の取り扱えないものとする。実体。実在。〔普通術語辞彙(1905)〕
⑤ あたりまえ。本来。
※大鏡(12C前)四「本躰はまゐらせたまふまじきを」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本体」の用語解説はコトバンクが提供しています。

本体の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation