@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

本多延嘉【ほんだ のぶよし】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

本多延嘉 ほんだ-のぶよし
1934-1975 昭和時代後期の革命運動家。
昭和9年2月6日生まれ。高校在学中に共産党入党。昭和31年離党,翌年黒田寛一(ひろかず)とともに日本革命的共産主義者同盟(革共同)を創立,書記長となる。のち中核派を結成し,黒田の革マル派との武力抗争(内ゲバ)を展開。50年3月14日革マル派に襲撃されて死亡。41歳。東京出身。早大中退。筆名は武井健人。著作に「安保闘争」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

本多延嘉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

本多延嘉の関連情報

関連キーワード

清水宏黒人問題人種別職業構成の割合島津保次郎[各個指定]芸能部門谷川俊太郎伊藤大輔村田実山本嘉次郎衣笠貞之助

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation