@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

本尊【ほんぞん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

本尊
ほんぞん
寺院や仏堂で本師,本仏として礼拝の対象となる仏像のこと。また薬師三釈迦三尊など,脇侍菩薩や眷属を従えた場合には,中尊を本尊と呼ぶ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほ‐ぞん【本尊】
ほんぞん(本尊)」に同じ。
「この誓願寺の御―は」〈仮・竹斎・上〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほん‐ぞん【本尊】
寺院などで、礼拝の対象として安置される、最も主要な菩薩(ぼさつ)像。画像・曼荼羅(まんだら)名号などのこともある。
身辺に常に持ち、その守護を祈る小形の仏・菩薩像。守り本尊。
(多く「御本尊」の形で)その話題や事件の中心になる人。当人。本人。からかいの気持ちをこめていう。「当の御本尊だけ話題の外だ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葬儀辞典

本尊
信仰や祈祷の対象とする仏、菩薩を指します。

出典:葬儀ベストネット
Copyright Interlink. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、内容は地域・宗派によって異なる場合があります。

世界大百科事典 第2版

ほんぞん【本尊】
一般に,礼拝の対象として安置する重要な尊像。すなわち,本堂などに修行や礼拝の対象として安置する仏,菩薩像,画像などをいう。一堂宇のなかにあるいくつかの尊像のうち主たるもの,また脇侍や眷属と区別して中尊を意味することもある。本尊の語は《大日経》説本尊三昧品・世間成就品・秘密八印品,《大悲空智経》大相応輪品・俱生義品などにみられる。古来,それぞれの寺院が創建される趣旨願主信仰によって,それぞれの仏像が本尊として安置された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほんぞん【本尊】
一寺一堂の信仰の中心としてまつられている、仏・菩薩の像や曼荼羅まんだらなど。
その事柄について中心となる人物。肝腎かんじんの人物。当人。本人。 御-はそっちのけで、まわりの者だけがやいのやいの言う

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

本尊
ほんぞん
寺院や仏堂において供養・信仰の対象となる主尊たる仏・菩薩(ぼさつ)像のこと。本仏、本師ともいい、釈迦(しゃか)三尊像のように脇侍(きょうじ)や眷属(けんぞく)を従えた場合には、中尊ともよばれる。本尊は寺院創立の由来や施主の信仰などによって異なる。また各宗派によってそれぞれ一定の本尊があり、たとえば密教では大日如来(だいにちにょらい)、浄土教では阿弥陀仏(あみだぶつ)または弥陀三尊、日蓮(にちれん)宗では日蓮の描いた十界勧請大曼荼羅(じっかいかんじょうだいまんだら)などを本尊としている。[松本史朗]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほん‐ぞん【本尊】
〘名〙
① 寺院・仏壇などで中央にまつられ、信仰・祈りの主な対象となる仏像。また、個人が特に信仰する仏。本尊仏。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「七歳より俊蔭がつかうまつる本尊、あらはれ給へ」 〔聖無動経〕
② 事件の中心人物。当人。本人。物や事象についても用いられる。
※玉塵抄(1563)三「風流をたつる徒党には此二人を本尊にしたぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほ‐ぞん【本尊】
〘名〙 =ほんぞん(本尊)日葡辞書(1603‐04)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本尊」の用語解説はコトバンクが提供しています。

本尊の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation