@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

本山派【ほんざんは】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

本山派
ほんざんは
京都の聖護院に属していた天台宗系の修験道一派。聖護院流と通称された。現在は修験宗として独立している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほんざん‐は【本山派】
修験道の一派。山伏二流の一つで、天台宗増誉を祖とし、京都聖護院(しょうごいん)本山とする。聖護院派。→当山派

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほんざんは【本山派】
京都の聖護(しようご)院によって轄された天台系の修験教団。修験道の開祖役行者えんのぎようじや),派祖を円珍(智証大師)とし,宗派の基礎は平安末期に固められた。当時の園城(おんじよう)寺には修験を行ずるが続出し,熊野三山や大峰山,金峰山(きんぷせん),葛城山などに抖擻(とそう),参籠修行したが,その先駆者であった増誉(ぞうよ)が1090年(寛治4)白河上皇初回の熊野詣先達を務め,その功績によって初代熊野三山検校に補せられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ほんざん‐は【本山派】
〘名〙 修験道の一派。天台宗の僧円珍の法孫、増誉を祖とし、京都聖護院を本山とするもの。本山方とも。本山。
※木葉衣(1832)上「聖護院御門下の山伏衆、これを本山派と云ひ、三宝院御末派なるを当山派と唱ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本山派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

本山派の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation