@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

本意【ホイ】

デジタル大辞泉

ほ‐い【本意】
《「ほんい」の撥音の無表記》本来の望み。本当の考え。
「かの世にても、いま一度あひ見むと思ふ―侍れば」〈宇津保こそ〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほん‐い【本意】
本当の気持ち。本心。真意。「本意をただす」
もとからの考え。本来の意志。本懐。本望。「本意を遂げる」
和歌連歌俳諧で、物の本質・あり方・情趣。物の美的本性。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ほい【本意】
ほんいの撥音の無表記
ほんとうの考え。本来の目的。ほんい。 この人の宮仕への-、必ず遂げさせ奉れ/源氏 桐壺本意無い
[句項目] 本意有り

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほんい【本意】
古くはほいとも
本来の意図や気持ち。本当の考え。真意。 相手の-がどの辺にあるかわからない -から出た言葉ではない
もとからの考え。本来の望み。本懐。 -を遂げる
本当の意味。本義。
和歌・連歌・能楽・俳諧用語。そのものの本来的な性質・あり方・情趣のこと。春の月はおぼろにかすむものとする類。本情。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほ‐い【本意】
〘名〙 (「ほんい(本意)」の撥音「ん」の無表記) 本来の志。かねてからの希望。
※古今(905‐914)恋五・七四七・詞書「五条のきさいの宮のにしのたいにすみける人に、ほいにはあらでものいひわたりけるを」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほん‐い【本意】
〘名〙
① まことの心。本来の意志。実際の望み。かねての願い。本懐本心。ほい。
※宇津保(970‐999頃)楼上上「ほんいのうと静かなるべい事のかたかべいをなむ、いかさまにせましと思はべり」
※源平盛衰記(14C前)一九「祷りの甲斐ありて、本意をとげぬる嬉しさよ」 〔後漢書‐竇融伝〕
② 真の意味。まことの意味。
※足利本論語抄(16C)学而第一「集めて解は諸家の善説を解此書の本意と云心也」
③ 本来あるべきさま。特に和歌・連歌・俳諧などで、ある題材が本来備えている、最もそれにふさわしいと考えられる性質や意味、あり方。
※六百番歌合(1193頃)春中・五番「野遊、うちまかせては我が遊ぶべきが深きか。難にはあらねども、本意なし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本意」の用語解説はコトバンクが提供しています。

本意の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation