@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

本朝世紀【ほんちょうせいき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

本朝世紀
ほんちょうせいき
歴史書。 20巻。藤原通憲著。平安時代末期の成立。鳥羽法皇を受け,六国史のあとを継承し,宇多天皇から近衛天皇までの事跡を編年体に記したもの。久安6 (1150) 年から着手,完成しないうちに平治の乱で途絶宇多,醍醐両天皇の部分は『新国史』に依拠し,次の朱雀天皇からは太政官外記局の日記に拠り,ほかに貴族の日記を参照した。この書の一名を『史官記』または『外記 (げき) 日記』というのはこのためである。全体では 100巻をこえる分量であったらしいが,現在では朱雀天皇の承平5 (935) 年から近衛天皇の仁平3 (1153) 年までのうち,三十数年分が知られるにすぎない。平安時代後期の根本史料

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほんちょうせいき〔ホンテウセイキ〕【本朝世紀】
平安後期の歴史書。藤原通憲編。六国史続編として作られたが、編者中絶。承平5年(935)から仁平3年(1153)までの20巻が残存。史官記。外記日記。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほんちょうせいき【本朝世紀】
藤原通憲(信西)の編纂した平安時代の歴史書。1150年(久安6)鳥羽法皇の内命を受けて編纂に着手した。当初,六国史のあとをついで宇多天皇より堀河天皇にいたる15代220年余の通史を作る計画であったが,のち鳥羽,崇徳,近衛の3代を加えて18代とした。しかし完成したのは宇多天皇の1代のみで,他は未定稿のままに終わったとみられる。もとは数百巻にのぼる膨大なものであったと推定されるが,ほとんどが散逸し,今は935年(承平5)より1153年(仁平3)の間が断続的に四十数巻伝わるにすぎない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほんちょうせいき【本朝世紀】
歴史書。藤原通憲編。平安末期成立。六国史を継ぐものとして編纂へんさんされたが、通憲の死により中絶。935~1153年までの記事二〇巻が断続的に現存。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

本朝世紀
ほんちょうせいき
平安時代末期成立の歴史書。20巻。藤原通憲(みちのり)(せん)。『史官記』『外記(げき)日記』ともよばれる。通憲が鳥羽(とば)法皇の内命を受けて、1150年(久安6)に、六国史(りっこくし)を継ぐ目的で、宇多(うだ)天皇(在位889~897)から堀河(ほりかわ)天皇(在位1086~1107)まで15代の歴史の編纂(へんさん)を開始した。しかし、20巻または30巻といわれる本書は散逸して、未定稿の935年(承平5)から1153年(仁平3)までが断続的に現存する。外記日記(太政官(だいじょうかん)の公的日記)または外記官人の私日記を史料としているため、平安時代後期の重要史料とされる。『新訂増補国史大系』所収。[林 幹彌]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほんちょうせいき ホンテウ‥【本朝世紀】
平安後期の歴史書。藤原通憲編。鳥羽法皇の命により六国史を継ぐものとして編まれたが、完成したのは宇多朝一代のみで、通憲の死により未完。現存するものは承平五年(九三五)から仁平三年(一一五三)までの二〇巻のみ。「史官記」「外記日記」ともいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

本朝世紀
ほんちょうせいき
平安後期の歴史書
藤原通憲 (みちのり) (信西)が鳥羽法皇の命をうけ,六国史につぐ国史の編纂を企図したもの。現在大部分は欠けて巻数は不明,935年から1153年までのものが断続して現存する。平安中・末期の研究上貴重な史料

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本朝世紀」の用語解説はコトバンクが提供しています。

本朝世紀の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation