@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

本朝桜陰比事【ホンチョウオウインヒジ】

デジタル大辞泉

ほんちょうおういんひじ〔ホンテウアウインヒジ〕【本朝桜陰比事】
浮世草子。5巻。井原西鶴作。元禄2年(1689)刊。中国の「棠陰(とういん)比事」に倣い、裁判を題材にした44話を収録。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほんちょうおういんひじ【本朝桜陰比事】
浮世草子。井原西鶴著。1689年(元禄2)刊。5巻5冊。短編小説集で44の裁判説話を載せる。各章〈昔,京の町〉云々という書出しで始まり,洛中洛外に起こった事件を奉行が解決し,判決を下す説話で,推理小説でもある。奉行名は明示していないが,京都所司代板倉勝重・重宗の父子が想定できる。また,2人の裁判話として世に伝えられているものを含む。宋の桂万栄著《棠陰(とういん)比事》を模した書名で,同書や,板倉父子の裁判例を載せた《板倉政要》を素材に用いている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ほんちょうおういんひじ ホンテウアウインヒジ【本朝桜陰比事】
浮世草子。五巻。四四章。井原西鶴作。元祿二年(一六八九)刊。書名は中国宋代の「棠陰(とういん)比事」に対し、棠を桜にかえ本朝を冠したもので、内容も同じく裁判に関する話を集録。「板倉政要」などを原拠とした話もあるが、裁判を通して人情の機微をうがち、当時の世相を浮かび上がらせている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本朝桜陰比事」の用語解説はコトバンクが提供しています。

本朝桜陰比事の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation