@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

本朝食鑑【ホンチョウショッカン】

デジタル大辞泉

ほんちょうしょっかん〔ホンテウシヨクカン〕【本朝食鑑】
江戸中期の本草書。12巻。人見必大著。元禄10年(1697)刊。「本草綱目」に依拠しながら検討を加え、魚貝類など庶民の日常食糧について解説したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほんちょうしょっかん【本朝食鑑】
江戸前期の食物本草書。医家の人見必大(ひとみひつだい)が1692年(元禄5)に著した遺稿を,子の元浩が岸和田藩主岡部侯の出版助成をうけ,97年に12巻10冊本として刊行した。庶民の日常活の食膳にのぼることの多い国産食物に重点おき実地検証したものに限って品目撰定品名も従来の食物本草書にみるような漢名中心を排し,和名中心としている。品目の分類,解説の構成は中国の《本草綱目》に準拠して,本文中にそのまま文章を引用している個所も多いが,それらは著者の検証に立ったうえでのものと考えられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほんちょうしょっかん【本朝食鑑】
本草書。一二巻。人見必大さだすく撰。1697年刊。「本草綱目」に準拠しつつ、食用・医用の本草につき実証的に記述する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

本朝食鑑
ほんちょうしょっかん
江戸時代の食物書。1695年(元禄8)に12巻12冊本、漢文体で刊行された。読み下し本として「東洋文庫」(平凡社)に収録されている。著者は人見必大(ひとみひつだい)で医師が職業。1596年に明(みん)で刊行された『本草綱目(ほんぞうこうもく)』に多分に依拠し、品類も同書に拠(よ)って分類しているが、それをうのみにせず実験的に吟味、検討して、庶民の日常食糧を医者の立場から解説し著述している。12巻中8巻を動物性食品にあてており、ことに魚貝類に多くの紙数を割き、乾魚、塩魚、加工品についても詳しく述べており、民間の行事との関係に言及したり、巷間(こうかん)の諺(ことわざ)の引用もするなど、著者の関心が庶民の食糧に向けられている記述が多い。[小柳輝一]
『島田勇雄訳注『本朝食鑑』5冊(平凡社・東洋文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほんちょうしょっかん ホンテウショクカン【本朝食鑑】
江戸中期の本草書。一二巻一二冊。人見必大著。元祿一〇年(一六九七)刊。明の李時珍著「本草綱目」にならった、漢文体の食物本草書。形態・種類・産地・薬効などの他、特に食材料としての検討に力が入れられている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本朝食鑑」の用語解説はコトバンクが提供しています。

本朝食鑑の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation