@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

本朝麗藻【ほんちょうれいそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

本朝麗藻
ほんちょうれいそう
平安時代中期の漢詩集。高階積善 (たかしなのもりよし) 撰。上下2巻。寛弘7 (1010) 年頃成立か。一条天皇時代の公卿の漢詩を集めたもの。上巻首尾ともに欠けているが,春,夏,秋部にあたる 51首,下巻は山水,仏事,神祇山荘,帝徳,法令,書籍,賢人,讃徳,詩,酒,贈答,餞送,懐旧,述懐の 15部から成り,約 100首の詩を載せる。全体に七律が多く,なかには詩序の長いものもある。全般的に形態に腐心しすぎ,気力に乏しいとされるが,平安前期にはみられなかったような表現もみえ,和臭を帯びてきていることがうかがわれる。作者は一条天皇,具平 (ともひら) 親王藤原伊周 (これちか) ,藤原道長,藤原為時ら。一条天皇時代の漢詩を知るうえに重要な資料である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほんちょうれいそう【本朝麗藻】
平安中期の漢詩集。高階積善(もりよし)編。1008‐10年(寛弘5‐7)ごろ成立。完本は伝わらないが,全2巻,約200首の規模。上巻は四季に部類されていたらしく,下巻は山水以下15部より成る。作者は具平(ともひら)親王,藤原伊周(これちか),大江以言(もちとき)ら一条朝寛弘期の詩人をほぼ網羅して36名に及ぶ。七言律の多いこと,押韻の類型性,平仄(ひようそく)のゆるみ,対句機構における弛緩典故凝固,句題詩への傾斜,虚題的世界の追求,などが特徴。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

本朝麗藻
ほんちょうれいそう

平安中期、寛弘(かんこう)年間(1004~1012)の宮廷官僚詩人の漢詩文を集めた漢詩文集。撰者は高階積善(たかしなのもりよし)。上下2巻。ただし現存本は上巻の始めと終りを欠く。成立は、入集作品数上位の具平親王(ともひらしんのう)、藤原伊周(ふじわらのこれちか)、大江以言(おおえのもちとき)が1009年7月から翌年7月にかけて相次いで死去していることから、具平親王を中心とする3人の死を哀悼し、一条天皇の寛弘期漢文学の栄光を記念するという意図のもとに1010年7月の前後に編纂(へんさん)されたと考えられる。現存の詩数は150首、詩序は4編で、一条朝の詩宴の多さを反映して詩酒遊宴の作が全体の約3分の2を占める。類型的な表現が目立つが、繊細華麗で情趣的な花鳥風月を詠んだ作品も多い。

[柳澤良一]

『川口久雄・本朝麗藻を読む会編『本朝麗藻簡注』(1993・勉誠社)』『今浜通隆注釈『本朝麗藻全注釈』1・2(1993・1998・新典社)』『柳澤良一・本間洋一・高島要注釈『本朝麗藻』試注1~7、『本朝麗藻 巻下』注解1~16(『北陸古典研究』1~7、9~24)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本朝麗藻」の用語解説はコトバンクが提供しています。

本朝麗藻の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation