@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

本案【ほんあん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

本案
ほんあん
merits; Hauptsache
民事訴訟において付随的なもの,派生的なものに対し,主要あるいは基本的な事項,たとえば請求の当否などをいう。請求 (原告主張) の当否,すなわち請求の認容または棄却主文 (結論) とする判決を本判決 (実体裁判) といい,訴訟要件または上訴要件を欠いている訴えに対する判決,または上訴を不適法として却下する判決を訴訟判決という。刑事訴訟においては,訴訟費用に関する裁判以外の裁判を本案の裁判ということがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほん‐あん【本案】
この案件。この議案。
民事訴訟上、訴えの本旨である請求。また、その手続きの主目的または中心をなす事項。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほんあん【本案】
本案は,付随的または派生的な事項に対して,主要または中心たる事項を表す語である。民事訴訟法上,その意味は使用される局面(場所)によって,いろいろに理解されている。たとえば訴訟判決(訴訟要件または上訴の要件が欠けているため,請求の当否について判断をせずに訴えまたは上訴をしりぞける判決)に対するものとして〈本案〉判決という言葉が使用されているが,この場合における本案は原告の請求(訴訟物)そのものを表し,したがってまた本案判決は訴えの適否ではなくて,その中身に相当する請求の当否に関する判決を意味する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほんあん【本案】
[1] この案。
[0] 訴訟において、請求の主目的ないしは中心をなす事項。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほん‐あん【本案】
〘名〙
① この案。該案。
※伊藤特派全権大使復命書附属書類(1885)天津談判「本案苟も両国交渉の事件となりたる以上は」
② 令制で、発給者がみずから作成し、正文(しょうもん)と同一であることが確認された公文書の控え。内案。〔律(718)〕
③ 民事訴訟法で、原告の主張にもとづいて、審理裁判の対象となっている紛争の事案の内容そのものをいう。
※朝野新聞‐明治一四年(1881)七月九日「右は本案に関せざる予審の言渡に付」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本案」の用語解説はコトバンクが提供しています。

本案の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation