@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

本百姓【ほんびゃくしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

本百姓
ほんびゃくしょう
江戸時代の基本的な農民層。高持百姓ともいう。検地帳に記載されることにより耕地,家屋敷所持を公認された。耕作に必要な用水林野用益権祭祀などの指導権,村政への発言権をもつ一方,貢租負担者として持高に応じて年貢を負担し,五人組を構成し,領主の強い統制を受けた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほん‐びゃくしょう〔‐ビヤクシヤウ〕【本百姓】
江戸時代、田畑・屋敷を持ち、年貢・諸役の負担者として検地帳に登録された農民。農耕のための用水権入会(いりあい)権を持ち、近世落の基本階層であった。高持百姓。→水呑(の)み百姓

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほんびゃくしょう【本百姓】
日本の近世期,領主権力の基礎として掌握された百姓。17世紀前半期には年貢とともに夫役(ぶやく)を負担した役負(やくおい)百姓をさし,1660~70年代(寛文・延宝期)をにして高請地(たかうけち)を所持する高持百姓をさすようになる。初期の検地で高請地を名請けした高請農民は,なべて年貢(生産物地代)の負担者とされるが,その中には役人役家などと呼ばれて夫役(労働地代)を負担する役負百姓と,その負担を免れた無役のものとが含まれていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほんびゃくしょう【本百姓】
江戸時代、田畑・屋敷を保有し、年貢・夫役・雑税を負担する義務を負うとともに、村落共同体の正員として入会地いりあいちになっている原野・山林や水利施設などを使用する権利をもっていた自営農民。高持ち百姓。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

本百姓
ほんびゃくしょう
江戸時代、農民層の中核になる農民の身分呼称。高持(たかもち)、高持百姓ともいう。その資格は、検地帳に登録され、田畑、屋敷を持って自立した経営を行い、かつ領主に年貢・夫役(ぶやく)の負担義務を負うものであった。江戸時代の村は、経営の規模などからもさまざまな農民から構成されていたが、通常は、〔1〕村役人に率いられる本百姓をその中核とし、〔2〕このほかに無高で本百姓に隷属する水呑(みずのみ)百姓、脇(わき)百姓、〔3〕本百姓経営のなかに家内奴隷的に抱えられた名子(なご)、被官(ひかん)、下人(げにん)と称される農民、の三種類の農民から構成されていた。
 本百姓は、年貢負担の義務を負う、領主経済の基盤となる農民であるとともに、村においてはその正式な構成員として、用水・入会(いりあい)などの用益権をもち、村寄合(むらよりあい)・村政に参加する資格を有していた。その経営は、通常一町歩(10石)前後の耕地と農具を保有し、家族労働を主体とした自給的なものであったという。ただその内容は、時代と地域によりかなり差があり、とくに江戸時代の初期には、太閤(たいこう)検地以来の領主の本百姓育成策によって、検地帳には多くの農民が名請(なうけ)されたが、そのなかで屋敷地を有し、夫役を負担する役屋(やくや)とよばれる農民がその中核となっており、これを初期本百姓などともいう。やがて17世紀を通じて、生産力の発展とともに、無高や隷属農民からも自立して経営を行うものが本百姓に成長して、17世紀後期の寛文(かんぶん)・延宝(えんぽう)期(1661~1681)には、全国的にほぼ本百姓体制が確立したといわれる。その後いったん確立した本百姓の地位が、本百姓株として家格化・固定化されることもあった。18世紀以後、農業生産の発展と商品経済の展開によって、本百姓のなかから、土地を失って没落し、水呑百姓に転落したり、小作人や日傭取(ひようとり)になったり、奉公人や没落人として離村する農民が出た。また水呑百姓から上昇して本百姓なみの経営を確保するものが出たり、本百姓のなかから土地集積を行い地主になったり商人化するものも出た。
 こうして本百姓の経営が多様化するとともに、本百姓を中心とする村落の体制も変動していった。ただ、初期からこうした体制の変動期まで、江戸時代を通じて、領主の農村支配は、一貫してその中核である本百姓の経営の維持をその目的としていた。慶安御触書(けいあんのおふれがき)の生活統制をはじめ、田畑永代(えいたい)売買の禁令、また、分地制限令や勝手作(かってづく)りの禁令といった土地制限令、その他触書などの各種の農民法令は、そのすべてが本百姓を対象としており、その経営の維持と年貢の確保がおもなねらいであったといえよう。[上杉允彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほん‐びゃくしょう ‥ビャクシャウ【本百姓】
〘名〙
① もともとその土地を所有していた百姓。
※今川仮名目録(1526‐60頃)一条「のそむ人あらは、本百姓に、のそみのことく可相増か」
② 江戸時代、検地帳に登録された田畑・屋敷を所持し、年貢・諸役を負担する義務を持つとともに、農耕のための用水権、林野入会権などをもつ農民。水呑百姓・無高百姓に対する称呼で、近世村落の基盤をなす農民層。高持百姓。
※政談(1727頃)一「家持は本百姓の如くし、店借りは水呑百姓の如くし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

本百姓
ほんびゃくしょう
江戸時代,農村における年貢負担者
高持 (たかもち) 百姓ともいう。村内に田畑・屋敷をもち,検地帳に記載され,年貢納入の責任をもつ百姓で,小作人などの水呑百姓無高 (むだか) )に対する。一人前の百姓として村寄合で発言でき,村の自治に参与した。地方三役なども本百姓中から選出された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本百姓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

本百姓の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation