@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

本節【ホンブシ】

デジタル大辞泉

ほん‐ぶし【本節】
大形のカツオを三枚におろし、片身をさらに背・腹の二つに切り分けて作った上質の鰹節(かつおぶし)肉のほうを雄節(おぶし)・背節(せぶし)、腹肉のほうを雌節(めぶし)・腹節(はらぶし)という。→亀節(かめぶし)
縦糸に絹紡糸横糸玉糸を使った節糸織り
正式の歌の節回し。
浄瑠璃で、人形浄瑠璃創始期の作曲者滝野検校(たきのけんぎょう)の節付けとされる曲節。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほんぶし【本節】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほんぶし【本節】
鰹節かつおぶしの一。大形のカツオを左右に切り分けたものをさらに背側・腹側に分けて製したもの。背肉の節を雄節おぶし、腹肉の節を雌節めぶしという。 → 亀節かめぶし
歌の本式の節回し。
古浄瑠璃の曲節名。浄瑠璃草創期の滝野勾当こうとうの節付けであると称するもの。杉山丹後掾らが称した。
たて糸に絹紡糸、よこ糸に玉糸を用いた節糸織り。本節糸織り。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほん‐ぶし【本節】
〘名〙
① カツオの背肉で作った上等のかつおぶし。男節(おぶし)
② 経(たていと)に絹紡糸、緯(よこいと)に玉糸を使った節織。
③ うたの本式の節まわし。
④ 古浄瑠璃で、滝野勾当の節付けと称される曲節。
※評判記・色道大鏡(1678)八「此本ふしに、表裏とて秘伝あり」
⑤ 浄瑠璃の節章の一つ。フシのように下降する曲節であるが、一段落を示すほどの強い終止感を与えず、しっとりとした情趣を表現する。
※浄瑠璃・八百屋お七(1731頃か)江戸桜「本フシ思ひ初めたる恋なれば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本節」の用語解説はコトバンクが提供しています。

本節の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation