@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

本籍【ほんせき】

世界大百科事典 第2版

ほんせき【本籍】
一般には〈戸籍の所在地〉と定義され,都道府県,市区町村,地番号または街区符号の番号で表示される(戸籍法6,13条。戸籍法施行規則3条)。他方,〈戸籍は,市町村の区域内に本籍を定める一の夫婦及びこれとを同じくする子ごとに,これを編製する〉(戸籍法6条本文)という明文規定があるので,戸籍と本籍の関係は,どちらが先なのか判然としない。なお戸籍制度をもたない欧米各国には,本籍にあたる概念はない。 戸籍簿の第1列上段が〈本籍〉欄で,下段の〈氏名〉欄とともに特定個人の戸籍を検索するうえで不可欠の事項である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほんせき【本籍】
戸籍の所在する場所。本籍地。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほん‐せき【本籍】
〘名〙
① 令制で、戸籍のこと。その人が記載されている戸籍。
※続日本紀‐大宝三年(703)四月戊午「安芸国被略為奴牌者二百余人、免本籍
② 戸籍のある場所。都道府県市町村地番をもって表示される。実際の住所と関係なく、自由に定めることができる。
太政官布告第七十四号‐明治七年(1874)七月一〇日(法令全書)「別に本籍相定若し現在地の外へ本籍相定度望の者は一旦現在地へ定籍の上其地より望の地へ送籍すべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほん‐せき【本籍】
その人の戸籍の所在場所。原籍。「本籍を移す」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本籍」の用語解説はコトバンクが提供しています。

本籍の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation