@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

本行【ほんぎょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

本行
ほんぎょう
日本演劇および音楽の用語歌舞伎または三味線音楽およびその囃子において,先行原作または原曲を移入したものである場合,そのもととなっているもの,あるいはそれによる演出をいう。だいたいはから出たものをいうが,人形浄瑠璃から出たものについてもいう。歌舞伎囃子では,能と同様の囃子を「本行」といい,歌舞伎独自の囃子を「本来」ということもある。なお直接に能から出たものでなくても,能楽的な演出による場合,「本行がかり」という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほん‐ぎょう〔‐ギヤウ〕【本行】
仏語。悟りを得て仏となるためのもととなる修行。
歌舞伎邦楽舞踊などで、または狂言から移入したに対する、原作の能・狂言。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほん‐ぎょう ‥ギャウ【本行】
〘名〙
① 仏語。仏のさとりを開くための本となる修行。仏の成仏以前の修行。
※法華義疏(7C前)一「従供養以下嘆行。供養無量百千諸仏者。出其行本。於諸仏所殖衆徳本者。正嘆本行。此二句正嘆行」
② 仏語。菩薩の七地までの修行をいう。
※維摩経義疏(613)序品第一「大智是八地以上智。本行謂七地以下」
③ 元になった作の意で、歌舞伎に移入した作に対する原作の能・狂言、または、人形浄瑠璃の丸本をさす。たとえば、「勧進帳」は、能の「安宅」を本行とする。本業。
※歌舞伎・四天王櫓礎(1810)大切「『遠近の、たつきも知らぬ山中に、我もや友と呼子鳥』ト本行の次第になり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほん‐こう ‥カウ【本行】
〘名〙 自分の所属している、この銀行。当行。
※朝野新聞‐明治一〇年(1877)一二月一二日「本行にては頭取毛利元徳君始め役員尽く出席有て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本行」の用語解説はコトバンクが提供しています。

本行の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation