@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

朱雀院【スザクイン】

デジタル大辞泉

すざく‐いん〔‐ヰン〕【朱雀院】
嵯峨天皇以後、代々天皇譲位後の住居とされた離宮三条の南、朱雀大路の西にあって、8町を占めた。
朱雀天皇のこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すざくいん【朱雀院】
平安初期の後院の一つ。平安京内では邸宅の少ない右京の四条以北で,朱雀大路に沿って西に位置し,8町という広大な面積を占めていた。創始は嵯峨天皇が譲位後の御所として造営したものと考えられる。文献上の初見は836年(承和3)で,仁明天皇が京内の空閑地200余町を生母橘嘉智子の朱雀院に寄せている。嵯峨天皇のあと皇后の彼女が居住したことを物語るものである。896年(寛平8),譲位を控えた宇多天皇が新造し,退位後に後院として利用した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

すざく‐いん ‥ヰン【朱雀院】
[1]
[一] 平安時代、平安京の右京、三条と四条の間にあって朱雀大路に面した邸宅。東西二町、南北四町の広大な敷地を持つ。嵯峨天皇が創建した後院で、宇多天皇以後は、天皇退位後の御所として本格的に用いられ、詩宴等が催された。天暦四年(九五〇)に焼失し、村上天皇が再興したが、皇族や臣下の避難、饗宴・納涼・方違等のために一時的に利用される場所となり、次第に荒廃していった。鎌倉時代初期には築地が再建され、内部は遊猟地とされた。
※菅家文草(900頃)六・九日後朝、侍朱雀院、同賦閑居楽秋水「秋水見於何処、朱雀院之新家也」
※宇津保(970‐999頃)国譲下「十一日に、御くにゆづり給て、みかどはすざくゐんにいで給ふ」
[二] 朱雀天皇のこと。
※大鏡(12C前)一「次帝、村上天皇と申。〈略〉御母、朱雀院のおなじ御はらにおはします」
[三] 「宇津保物語」の登場人物。嵯峨院の皇子で、嵯峨院のあとを受けて即位。「国譲」の巻で譲位し、朱雀院となる。
[四] 「源氏物語」の登場人物。桐壺帝の第一皇子で、母は弘徽殿女御。光源氏の異母兄にあたる。即位後、故桐壺院から源氏の処置について怒りをうけ、眼を病み、冷泉院に譲位。健康がすぐれず出家を思い、女三の宮を源氏に託する。
[2] 〘名〙 退位後、(一)(一)を隠居所とした天皇の呼び名。
[語誌](一)(一)について、「累代後院」〔拾芥抄〕ともいわれるが、実際に後院として利用した天皇は限られる。宇多天皇は譲位後に夫妻で住み、詩宴や歌合などの俗世を離れた風流韻事をたびたび行ない、法皇となってからも賀宴に用いた。朱雀天皇も譲位直後に移って寝殿を御所とし、柏梁殿を生母太皇太后藤原穏子の御所とした。これらの史実から、朱雀院の名は「仙洞御所」「太后御所」として知られ、また、延喜・天暦の聖代を想起させ、これらの要素によって虚構の物語に取り込まれたと考えられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朱雀院」の用語解説はコトバンクが提供しています。

朱雀院の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation