@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【しゅ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


しゅ
vermilion; Chinese red
硫化第二水銀 HgSを主成分とする赤色系の顔料。天然には辰砂として産する。普通,硫化水素,稀およびアルカリ耐性があるが,硝酸塩酸との混酸で溶解する。日光には比較的安定しているが,熱には弱い。有毒。印肉用,絵具,漆器,ゴムなどの着色用に使われるが,現在では高価なため使用量は減少している。中国では土器の彩色,殷代には甲骨文を記した亀甲にも塗ったものがある。日本では,縄文時代の土器や骨器の彩色に使われたがある。古墳時代には,墳墓内部に呪術的意味や防腐剤として大量に使われた跡もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あけ【朱/×緋】
赤い色。特に、緋(ひ)。また、赤く染められたもの。
馬の毛色で、黄がかった赤。赤毛。
緋袍(あけごろも)」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅ【朱】
黄ばんだ赤色。
黄色みを帯びた赤色の顔料。天然には辰砂(しんしゃ)として産し、成分は硫化水銀朱肉や漆の着色、油絵の具などに用いる。
朱肉」の略。
朱墨(しゅずみ)」の略。
朱墨で歌や俳句などに点をつけたり、添削したりした書き入れ。「を請う」
しゅ(銖)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅ【朱】[漢字項目]
常用漢字] [音]シュ(漢) [訓]あか あけ
黄をおびた赤色。「朱唇朱筆
朱色の顔料。「朱印朱肉皆朱堆朱(ついしゅ)
[名のり]あけみ・あや
[難読]朱欒(ザボン)朱雀(すざく・すじゃく)朱鷺(とき)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅ【朱 vermilion】
赤色硫化第二水銀HgSの実用名で,水銀朱ともいう。天然には後述のようにシンシャ(辰砂)として産出するが,現在は人造朱が工業生産され,無機顔料である。酸,アルカリに不溶,王水および硫化ナトリウムには可溶である。無機顔料として耐薬品性はすぐれるが,耐光性は中程度で日光に長くさらされると黒変する。密閉反応容器に水銀,硫苛性アルカリを原料として入れ,水蒸気を吹き込みつつ回転させ加熱反応させると,まず黒色の硫化水銀が生成し,次いで赤色硫化第二水銀に変化するが,アルカリをカリウムにするかナトリウムにするかにより,また温度の変化によって,赤から黄までいろいろな色調のものが得られる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

しゅ【朱】
太夫節の奏法狭義には義太夫三味線の譜を指し,朱章ともいう。浄瑠璃本などに朱で記入するところから発した名称。古来,種々の記譜法があったが,現在,一般に使用されているのは鶴沢清七が1781年(天明1)に創案したのを,幕末ごろ改めたもの。三味線の勘所(かんどころ)(左手の指でおさえる場所)を速記しやすい変体仮名で表し,補助符号,略符などを併用する。一方,太夫が語る文字譜や胡麻(ごま)章はで記すので,墨譜(ぼくふ)とか黒朱(くろしゆ)とも呼ぶ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)


しゅ
vermilion

天然には辰砂(しんしゃ)として産する。紀元前から使用されていた赤色顔料。水銀朱ともいう。硫化水銀(Ⅱ)HgSからできているが、最近ではカドミウムレッドCd(SSe)やモリブデンレッド(クロムバーミリオン)Pb(CrMo)O4などで置き換えられ、用途は狭くなっている。したがって、バーミリオンというとこのクロムバーミリオンと混同されるので、朱とよぶほうがよい。可溶性の水銀塩に硫化ナトリウムNa2Sなどを加え、生成した黒色の沈殿HgSを、アンモニア水中で、約一昼夜攪拌(かくはん)すると朱色に変色し、目的物が得られる。日本では漆の着色にもっとも多く使用され、また、一部は朱肉、プラスチックの着色、あるいは独得の赤の色調が珍重され油絵の具に使用されている。硫化水銀カドミウム(CdHg)Sの固溶体として、色調を調節することもある。

[大塚 淳]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅ【朱】
〘名〙
① 黄色を含んだ赤。あけ。朱色。また、黄色みを帯びた赤色の顔料。成分は硫化水銀。耐酸・耐アルカリ性で隠蔽(いんぺい)力も大きいが、日光や熱には弱い。有毒。印肉、漆器、絵の具、ゴムなどに用いる。銀朱。
※続日本紀‐天平宝字六年(762)正月丁未「碧地者以朱、〈略〉黒地者以白」
※太平記(14C後)二三「二の眼は朱(シュ)を解て、鏡の面に洒(そそ)けるが如く」
② 赤い色の墨。朱墨。
※今昔(1120頃か)七「其の簿(ふだ)多し、朱を以て句したる有り」
③ (②を用いて書き入れたところから) 和歌、俳句、習字、文章などを添削すること。また、それによって入れた朱字。→しゅ(朱)を入れる
④ 義太夫節で、三味線の音譜。太夫の語る床本(ゆかほん)に②で記入したところからいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版


シュ
vermilion

銀朱ともいう.硫化水銀(Ⅱ)(α態)を成分とする赤色顔料.日光,熱に弱く,かつ有毒.高価で印肉用,絵の具などに少量使われるのみである.水銀と硫黄からつくられている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版


しゅ
江戸時代の金貨の単位
1両の16分の1。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

朱の関連情報

関連キーワード

カドミウム赤水銀硫化水銀硫化水銀シンシャ(辰砂)シンシャ(辰砂)硫化水銀

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation