@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

朴正熙【パクチョンヒ】

デジタル大辞泉

パク‐チョンヒ【朴正熙】
[1917~1979]韓国の軍人・政治家。1961年の軍事革命を主導し、63年に第5代大統領となる。第9代まで務め日韓基本条約の締結、経済の高度成長を促進。独裁に傾き、79年暗殺された。ぼくせいき。→チェギュハ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼく‐せいき【朴正熙】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

朴正熙
日本統治下の1917年、貧農の5男2女の末っ子として生まれ、大邱師範学校卒業後、旧満州の軍官学校から日本陸軍士官学校に転学。卒業後、旧満州に配属された。61年にクーデター権力を掌握し、63年の大統領選で当選した。79年、暗殺された。
(2010-01-28 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

世界大百科事典 第2版

ぼくせいき【朴正熙 Pak Chŏng‐hǔi】
1917‐79
韓国の軍人,政治家。慶尚北道善山の貧しい農家の五男に生まれ,1937年大邱師範卒業後,40年まで聞慶小で教壇に立ったが,その後満州軍官学校をへて日本の陸軍士官学校へ特典入学。日本の敗戦後は,新生韓国軍に入り,46年陸士2期卒業。以来,陸軍で主に情報,作戦を担当,60年第2軍副司令官となるが,陸軍本部時代に陸士8期卒の金鍾泌と知り合い,8期生を中心とする将校団を率いて,61年5月16日クーデタを断行し,彼らをいわゆる革命主体勢力とした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ぼく‐せいき【朴正熙】
韓国の軍人・政治家。一九六一年の軍事革命を主導し、六三年に大統領となる。日韓基本条約の締結、経済の高度成長を促進。独裁体制の強化を図ったが、七九年暗殺された。パク=チョンヒ。(一九一七‐七九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朴正熙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

朴正熙の関連情報

関連キーワード

フォード(John Ford(1895―1973))牧野省三有島武郎アポリネール近藤芳美チャップリン荒川洋治五木寛之金壽根ミハルコフ・コンチャロフスキー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation