@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

朴歯【ホオバ】

デジタル大辞泉

ほお‐ば〔ほほ‐〕【朴歯】
ホオノキの材で厚くつくった下駄の歯。また、その歯をつけた下駄。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ほおば【朴歯】
ホオノキでつくった下駄の歯。また、その歯を入れた下駄。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

朴歯
ほおば
差歯下駄(さしばげた)の一種。山桐(やまぎり)の台に部厚い朴(ほお)(ホオノキ)の歯を用いたところから、歯の名前が履き物の名となった。江戸時代には、この履き物はなかったようで、明治中期以降、ことに書生といわれる学生の間に人気を博し、歯の音を響かせて歩いたものである。マント姿で朴歯を履いた学生をバンカラともいった。[遠藤 武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほお‐ば ほほ‥【朴歯】
〘名〙 朴の木の材で厚く作った下駄の歯。また、それを入れた下駄。ほおのきば。
※歌舞伎・月梅薫朧夜(花井お梅)(1888)七幕「羽織、朴歯(ホウバ)の下駄ステッキを突き」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朴歯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

朴歯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation